≪ 2017. 09 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 11 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

何かに突き動かされる人 

最近、
こんな僻地にどうして?
というほどの遠い外国の村に暮らし、
地元の人たちのために力を尽くし、
人生をその事に注いでいる日本人をTVで見ると、
その人たちの放つ輝きに目が眩みそうになる。

それなのに、
「結婚、出産など女性としての幸せを考えなかったか?」
というインタビューはいかがなものか。
なんとまぁ、ナンセンスなんだろう。
「女の幸せ」の形が明治時代あたりで止まっているのか。
幸せの形は十人十色でしょ。


しかし私などは、あんな苛酷で劣悪な環境では、
到底生き延びることもできそうにない。
あっという間に感染症か何かでコロリと逝くだろう。
どんなに騙されようとも、絶対に行く気がおきないだろう。
それなのに、縁もゆかりもない土地で、
住民たちと共に暮らし、その土地の人々のために生涯を捧げている。
そんな彼女の輝きに満ちた表情を見れば、
「女の幸せ」など使い古された陳腐な言葉を投げかけることすら憚られる。

何かに突き動かされ突き進み続ける人の輝きは、
「幸せ」などという言葉には収まりきれないくらいに、
超越していて、私ら凡人にはもはや共感すら難しい。
なんというか、「有難きもの」というか。。。
とにかく、なんだか言葉にできない「有難きもの」に
満ち満ちている雰囲気を醸し出している。
物質的には何も満たされていないにも関わらず。



さて、
昨夜、拙ブログコメント欄に
「ばかもんだな、おめえ」というコメントがあった。
その人なりの価値観からのコメントだと思った。
その人の背景が分からないので、
そんな風にしか思えなかった。
そして、その人の経験と私の記事の内容が重なり、
どういうニュアンスかは知らないが、
「ばかもんだな、おめえ」とどうしても残したかったのだろう。
PTAに絡む件で、いろいろ苦労されてきたのかもしれないし、
そうでないかもしれないし、私からそれを測り知ることはできない。


たとえば、
PTAをPTOに改革された山本浩資氏なんかも、
最初の頃はきっと周囲の人たちから
「ばかもんだな、おめえ」と思われたことだろう。


PTA会長などは、
1年間名前だけ貸しておいて、
要所要所で挨拶だけしておけば、
具体的な活動は女性役員がやってしまう。
仕事で忙しいと、代役を頼むこともできる。
運営委員会は、会長不在でも一向に問題ない。
事実、うちのPTAはそうだし、
近隣校区のある会長は実際、任期中、
卒業式、入学式、総会、運動会の挨拶のみしか顔を出さなかったとか。
それでもいいからとお願いしてなんとか引き受けてもらったそうだ。


だからもし、私の夫がPTA会長を引き受けたりすれば、
まず、この私が、
「ばかもんだな、おめえ」
と言い放つだろう。
そして、改革やるなんて、前向きさを見せた日にゃ、
「大ばかもんだ、おめえ」
と全力阻止するだろう。
「年間4回挨拶だけしに行って終われよ」とねw


しかし本当は、PTA会長の役目を真摯に受け止めれば、
真面目に真摯に受けとめてしまえば…
誰も会長の引き受け手がない、
役員も委員も引き受けたがらない、
そんな不健全な状況から一刻も早く脱しなければと思うかも。


また、なんの固定概念もなく、
PTAの理念や目的を素直に受けとめてしまえば…
会員のほとんどが嫌々参加する団体の会長なんてやりたくない。
負担に感じている人たちを見ないようにして、
会長づらして挨拶なんかもしたくない。
自分がやるからには、気持ちよく参加してもらいたいと思うかも。


そんなわけで、
たとえ「ばかもんだな」と後ろ指指されようとも、
どうしても改革せずにはおれなかったということかもしれない。


何かに突き動かされるというのは、
自分の益になるからだとか、誰かに感謝されたいからだとか、
もうそういう、ふつつかな心理からではなく、
その人の性分のようなところから、
どういうわけか、しないでは居れないで、
やっちまったorz な感じに近いと思う。


そんな初代PTO会長山本浩資氏が最近、
その改革を本にまとめられたので読んでみた。






実は個人的には、
この本にあるような楽しげな盛り上がりには、
正直とてもついていけない。
ただ実感が湧かないだけかもしれない。
それは多分、私が直面している環境とはかけ離れすぎて、
自分のところまで引き寄せられないからだと思う。
つまり、私の価値観から言ったら「夢か幻」なのだ。
言葉は違えど、「ばかもんだな、おめえ」と大差はない。


でも、山本氏は決して、
自分たちのやり方を押し付けているのではない。
また、自分たちの改革を自慢しているのでもない。
これは、この地域が出したひとつのPTAのオリジナルな形なのだ。
そしてそれは、永久不滅の最善の形でもない。

社会教育団体というのは、
社会の変化に伴い変化しなくてはいけない。
山本氏他役員の方々は、
風穴を開け、新鮮な空気を通したにすぎないと思う。
これからまた変化発展し続けられる形を整えたのだ。
きっと、
それはそれはドデカイ重機を使ったんだろうな(笑)


今、私たちに必要なのは、
それぞれの価値観を尊重することだと思う。
自分の目で見て、自分の頭で考えることだと思う。


PTAに限って言えば、
多様化した現代のライフスタイルと、
どれほど食い違った形態や活動を押し通しているか、
現実をよく見て聞いて、考え、意見を出し合うべきだ。
教育委員会に訴えたからとて、
「ご自分たちで話し合って…」
と言われるのは、それは当然と思う。

当該PTAの状況は、当該PTAでしか分からない。

だから私が教育委員会に求めたいのは、
「PTAはそれぞれオリジナルの形でよい」という事実を
どうか執行部役員及び校長先生たちに知らせてほしいのだ。

彼らは、前例を踏襲し続けるしか術を持たない。
そしてオリジナル性を持つことを恐れる。
リスクに感じ、近隣校区と足並みを揃える。
要するに、会員の方に目を向けていない。

そんなことを教育委員会が求めているはずはないが、
「求めていない」とはっきり伝えないと、
彼らは会員の意見を聞くこと(アンケートをとるなど)すら出来ない。
長い間、惰性だけでやり過ごしてきたおかげで、
自分たちで話し合う機能すら失ってしまっている。
戦後の日本で一番最初に作られた社会教育団体PTAが目指したのは、
こんな情けないものではなかったはずだ。




久しぶりの更新でした。来てくださってありがとう。
お帰りの際は
ポチっとしてくださると、嬉しいです♪
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ




スポンサーサイト
2016. 02. 16. (Tue) 18:22  [未分類コメント:0  トラックバック:0

世渡り上手な無関心層対策をどうするか 

最初に、
素晴らしいPTAと修羅場らしいPTA http://www.think-pta.com/
の発起人で管理人のお一人である とまてさんのトゥゲッターまとめを紹介します。
これは、今春に朝日新聞のフォーラムで行ったPTAに関するアンケート結果をまとめたものです。
このような全国レベルでのPTAアンケートはこれまでになく、
このことで、これまで身近にしか見えていなかったPTA問題が、
実は、全国レベルでの大きな問題だった事があからさまになりました。


▪︎ 朝日新聞のフォーラム、『PTAは必要?不要?』の、ピポットテーブル http://togetter.com/li/832110
▪︎ 朝日新聞フォーラム asahi.com/opinion/forum/



この結果から見えるのは、
PTAというのは、直に関われば関わるほど、
その存在意義が分からなくなるもののようです。
よく、「文句があるならやってから言え」などと言いますが、
PTAに関心を持てば持つほど、関われば関わるほど、
PTAが嫌になるのはどうしてでしょう?


とにかく、人のいやーな部分が見えてしまいます。
PTAさえなかったら、役員決めさえなかったら、
この人の心の狭さや自己中心的な考えに出くわすことはなかっただろう
と思うことは多々あります。
その度、がっかりして、しばらく重い気持ちで過ごします。
ああ、PTAさえなかったらなぁ〜

特記すべきなのは、
この嫌な場面に身を置くのはいつも母親の役になっていることです。


こういう現場にどれくらい出くわしたかが、
このアンケートでの役員経験者の回答の男女差に反映されていると言えます。
先日も、PTAではないですが、自治会関連団体の役決めをして、
役員決めお馴染みの場面を体験してきたばかりです。


私が進行役を務めましたので、
くじ引きで決める場合において、
「どうしても加われない人は?」
と問いかけ、手が挙がった方を速やかに外しました。
もちろん、理由を聞いたりはしません。
そんな個人的事情に踏み込む権限は私にも誰にもあるわけがないのです。


欠席の連絡があった際にも、
くじ引きで決めることになった場合に加えてよいかを確認しました。
こちらは、返事はなく、しばし無言で、そのまま切られました。
こんな応対をされると、正直、よい気分ではありません。
しかし、
理由を聞かれやしないか、
理由を言っても受け入れられないかもしれない、
そもそも嫌だけど理由がない、、、などなど、
いろいろ考えて、結果、そのままブチ切りだったのかもしれません。
こちらは、確認するだけのつもりでも、
これまでの慣習からこのようになってしまうのでしょう。
そのあとはもう、欠席の連絡がきても、その事を確認する事をしませんでした。
留守中も対応できるようにと、問合せ先を携帯電話にしていましたら、
電話ではなく、ショートメールで欠席と連絡がありました。
こちらにももう、「了解しました」とだけ返信しました。
ただ、一件だけ、
「用事があり欠席します。
立候補まではしないが、くじ引きの際は代わりに引いてください。」
と、電話口で仰って頂いた時には、
たったそれだけの事でも、心が温まるのでした( T_T)\(^-^ )

一体全体、子育て世代のご近所さん同士が、
このようにギクシャクしなくちゃいけなくなるこの自治会関連団体は、本当に必要なのでしょうか。
母親同士は、学校で、部活で、習い事で、
放っておいてもつながり合う機会がいくらでもあります。
この団体さえなければ、もっとよい関係性が築けるのではないかと思うくらいです。


さて、その本番の次期役員決めは、速やかにとは言えなかったものの、
なんとか私からのメッセージを汲み取ってくださった方たちで決まり、
くじ引きはせずに終わることができました。
しかし、それでも、やるせない思いが残ったまま帰ってきました。

話し合いの途中、この役の経験者で、
下のお子さんでまたこの役が回ってくる予定の人たちが、
既成事実を作ろうと、
「1度経験した人は免除にしてよいのでは」
と言い出し、それを承認するかここに集まる人に問いたいと言い出しました。
おかしな話です。ここに集められたのは次年度対象の特定学年のみで、
実際に集まったのはその半数でしかありません。
私は、
子どもが卒業するまでは、
どの人もこの役以外に多くの役を担わなくてはならないコト。
それが重複することや、
何かしらの役を毎年続けて引受ける事の方が、よほど負担になるコト。
家庭の事情は毎年移り変わっていくコト。
出来る出来ないではなく、あまり役が続けば、ちょっとひと息つきたい年もあるコト。
人には言えない事情を抱えているかもしれないコト。
子どもの成長の具合で負担になる時期、そうでもない時期もあるコト。
活動時間と自分の生活リズムから取り出せる時間が合わない人にとっては、
いくら大変な役でなくても負担が大きいコト。
などなどを伝えました。
そして、役を引き受けられるタイミングは他人では計れないし、
そんな諸々の事を話し合った方がいいと思う。
こんな事で、近所同士、子どもの親同士、ギクシャクしては良くないと思う。
と、話しました。
ずいぶん、1人で喋ったような気がします。
ヘトヘトになりましたorz

それでも、
くじ引きは必至を覚悟していましたので、
「引き受けます」と手が挙がった時には、逆に驚いたくらいです。
これで、引き継ぎもスムーズにできます。ほっ( ´▽`)


それでも、帰り道すがら、今年度の役員(私以外くじ引きで決まった)の人たちが、
来年度以降の様々の役員決めをどうやって回避するか作戦を立てていました。
「あの人が、まだやっていない」とか言っていました。
自分の見える範囲がそのまま相手の事情と勘違い出来てしまう人の気がしれません。


これは、地域の団体の役決めでの一場面ですが、
任意性をちゃんと伝えない限り、PTAと同じ状況を生み拡げます。


前に挙げた朝日新聞のフォーラムでの
アンケートのようなものに回答する人々は、ある程度PTAに関心を持っています。
しかし、帰り道で作戦会議をしていたような人々や、
既成事実を作り、免除規定として有効化を図ろうとする人々は、まず、
役さえ自分に降りかからなければそれで良いとしか考えない生粋の無関心層です。
とはいえ、非協力ではなく、役を担えば、軽役を探しながらも、
最低限、他人から後ろ指だけは指されないように立ち振る舞います。

もしかして、それを「世渡り上手」と言うのかもしれませんね。


だけど、このような無関心層を、
役員としてではなくそのまま、ただ参加してもらい、
いかに興味、関心を持ってもらうかが、
行政が関わる生涯教育の課題ではないでしょうか。
意識の低い人々を役として動かすための手間の方がずっと厄介です。
その事も、PTAや自治関連団体の形骸化を促進しているように思います。



更新の励みになりますので、
ポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



2015. 12. 12. (Sat) 17:04  [未分類コメント:4  トラックバック:0

自動入会させ会費徴収する 

自治協議会と町内会はまた違うと思うのだが、
地域により少しずつ違うのかもしれない。
うちの地域の自治協議会は、町内会がいくつか集まって組織されている。
各町内にはそれぞれに町内会長がいる。
町内会費は町内会に集まり町内毎に管理されている。
うちは借家で町内会費は家賃に含まれるので、
引越してきた時点で自動的に町内会会員である。
ところが、町内会費だけがまとめて納められているだけなので、
町内会長は会員の実態を把握できていない。
そこで、頼みの綱が子ども会育成会なのだ。
というのは、子ども会育成会は、
小学校入学時に自動的に入会させられ、
共済掛金の関係で名簿を所有している。
つまり、実態が把握できる。
だから、当番、動員、役員、何かとあてがいやすい。
これが1人の母につき幾重にも役員や当番が回ってくる仕掛けである。


ところで、
戦前の隣組的な町世話人制度というのは、
自治協議会が出来た時に廃止されている。
しかし、うちの町内を見ている限りは、
今なおその頃のやり方を引きずり、
頭の切り替えが出来ない古い体質のように感じる。
これは、今のところ、
町内会長の頭が変わらなければ、
なかなか改善は難しいのだろうなと思う。

世代交代して、良い方向に変わってほしいと思うが、
後を引き継ぐあてのPTA執行部も、
その年寄り達のやり方を見習っているので期待できない。
それに、PTAの重要ポストを離れた後、
自治協議会関連の役員に残り続ける人々の顔触れを見ていると、
大体、声の大きい上から目線の信者体質の方々ばかりで、
私の期待を大きく外している。
そのような印象から、
動員や役がない限りは、あまり公民館には寄りたくない。


うちのPTAは、例に漏れず子どもの入学と同時に入会で、
学校徴収金と抱き合わせで教育委員会へ自動振替で会費が集められる。
これは、どう見ても違法である。
それに問題なのは、
社会教育団体というのに、個人の意思を尊重していない。
これは、
「社会教育団体だから希望する全ての人々に参加を許す」
とは、全く次元が違うはずだ。
しかし、
「社会教育団体だから希望する全ての人々に参加を許す」
ことの意味が理解できているPTA会長は、全国にどれほどいるだろうか。
熊本の裁判で訴えられているPTAの会長は、法律の専門家のようなのに、
平気で入学者の保護者全員を自動的に会員とした上、
さらに会費を徴収し、活動の強要も当然のように考えているようだ。
それがPTAのあり方だと、信じて疑ってこなかったのだろう。

これは熊本のこのPTAだけではなくて、
全国津々浦々、ほとんどのPTAがそうみたいだ。
法律の専門家ですら疑問視しなかったのに、
一般の「社会教育?なんじゃそれ?」的なPTA会長及び執行部役員に、
それ以上を求めても仕方がないのかもしれない。
しかしね、仮にも社会教育団体の看板を掲げ、
公的機関である公立学校の関係団体として大きな影響力ももつのだし、
もう少し、勉強してほしいよね。


社会教育団体がなぜ必要なのか、
何の目的で必要なのか、
どういう理念の下に立っているのか、
それらが理解できたら、
会員に対する態度、言葉、運営のあり方など様変わりすると思う。
ただ単に時間や手間をかけ、見せかけだけの活動があるのではなく、
時間や手間をかけずに、頭を使って運営する方が、
きっと楽しいし、活動の輪も広がると思うのだがなぁ〜(~_~;)





▪︎参考記事▪︎

面倒くさい自治会やPTA、強制加入&会費徴収は不当の疑い!各家庭の事情無視で問題続出
文=平沼健/ジャーナリスト2015.12.10







更新の励みになりますので、
ポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2015. 12. 10. (Thu) 23:54  [未分類コメント:0  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。