≪ 2017. 04 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 06 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

参加出来ない人も取込み参加しない人を責めるあり得なさ 

昨夜は観月会というものに出かけてきました。
その前は夜におはなし会などもして、ゆったり穏やかな良い週末でした。
それに、久しぶり夜空を見上げた気がします。
ビルの谷間から見上げても、木立の隙間に見上げても、
大きな月の輝きは、街の灯りのどれよりも輝いて見えるのでした。


さて、そんな穏やかな秋の夜長とはウラハラに、
秋はやたらとイベントが続くPTA界隈です。
私は今年、ただの平委員なので、
つい先日「指示待ち人間」に徹すると決めたところですw


ところで、余所のPTAはどうなっているか知りませんが、
ここら近辺のPTAはどこも、「一人一役」として、
保護者全員が何かしらの委員会に関わることになっています。
それでも、各クラスから各委員会へ選出するクラス委員ほど、
何をすることもなく、1年が終わりますので誰からも問題視されていません。


例えば、バザー委員ならバザーの値札付けのお手伝いに行くとか、
保健厚生委員ならベルマークちょきちょきに一回参加するとか、
そんな程度の活動を、
出来れば参加、出来なければごめんなさいm(_ _)mで良いはずです。

良いはずですよね〜〜

と、この辺りはその時の委員長の考え方でマチマチになり、毎度、揉めてますw
委員長でなくても委員の中に、
「それでは済まさない」考え方の人が、まあ、だいたい一人はおりまして、
その声を聞くか聞かないか…というのも関係します。

私は、聞きません{(-_-)}


それはともかく、PTAというのは、
当然のことのように保護者全員を会員としてあぐらをかいておりまして、
その上「一人一役」を絶対的ルールにし、
所属委員などとして全員を何かしらに動員しようとしていますから、
子どもが何人かおりますと、
あっちで委員、こっちは委員長、
そんでもってこっちが所属委員ということに、当然なってしまいます。
その構造は、子ども会育成会も同じですから、
子どもが2人、3人居る家庭の母は、一体何役こなせばいいのか、
実のところてんやわんやとなっています。
このことが、
「PTAや育成会に真面に関わったらアホを見る」の所以なのです。



そんな感じで、私も、こっちは平委員で、こっちは所属委員で、、、
と、いくつかの役を大小請け負わされているわけです。
そして最近、
「所属委員だからクラス委員の代理で委員会に出席してほしい」
と連絡がありました。
所属委員というのはクラスに何名か居るので、その方達へも一斉送信されていました。
連絡を寄越してきたのは、クラス委員ご本人ですが、
私は会ったことがないので、顔も知らないし話したこともありません。
そしてこれまでの自分の経験上、PTAのことに限って言えば、
このような連絡に対し協力する人は皆無です。
「クラス委員にならなかったらもう関係ない\(^o^)/」
とばかりに、後の1年は知らん顔なのが普通です。


困っていらっしゃるだろうなぁと思い、
予定も空いていたので引き受けることにしました。


しかし、自分自身は、この委員会で委員長をした時に、
このような要求をしたことがないので驚きました。
そのクラス委員の方が一度も委員会に出席していないのが原因みたいです。
なるほどなぁ〜と思いました。でも、心が狭いなぁ〜と思いました。


PTAは、参加が出来ない人も勝手に取り込んでおいて、
委員会の時間帯は、委員長の都合に合わせるしか出来ないのに、
(その委員長だって、別に率先してやりたいわけでもないのですが)
参加しないことに因縁付けして責めるというねorz
よく有りがちだけど、意地の悪いやり方ですよ、まったく(~_~;)



よかったらポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ

スポンサーサイト
2015. 09. 28. (Mon) 11:54  [全般コメント:0  トラックバック:0

意見が出ない会議なら要らない 

年度末です。
近隣の単位PTAの人権教育担当者が集まって、
今年、自分たちの実施した人権講演会について
報告をし合いました。
他所の取り組みを聞くのは、とても参考になりました。


ただ、意見の交換というほどにはならないのは、
誰もその活動に自主性など持っていないからだと思いました。
ほとんどの人が、
ハズレくじを引いてしまったので、仕方なくお役目を果たしている
だけだからだと思います。
実際に、そのような事を報告に添える方もいらっしゃいました。


委員会での会議でも、
なかなか意見を求めても意見が出ないのは、
元はと言えば、「役目で出席する会議」というのがあります。
私自身も、地域のある団体の運営委員にいつの間にかさせられていて、
それ故に、そこに私は自主的に参加していないので、
何の意見もありません。
それに、意見をしていい立場なのか分からないでいました。
人数集めと開き直っているだけなので、
レジメを見ながらただ座っているのです。
そして、行事に際しての自分の係についてのみ、
聞いて帰るというだけでした。


だから、
委員会の会議で意見が出なくても仕方がないと思います。


結局はほとんどを自分が決めて、了解を得るとか、
こちらで決めていいか了解を得るとか、
選択肢を与えて選んでもらうなどの形になりました。
だけど、なかなか気を使うものです。
自分ひとりで決めてしまっては、良くないと思うので。


本音を言ってしまえば、
意見が出ない会議ならやっても意味がないので、
要らないと思います。
申し渡しのための事前打ち合わせがあればそれで十分。


本当のところ講演会の実施は簡単です。
会場を用意して、椅子を並べれば、
講演するのは私たちではなく、来てもらう講師なのだからw


会場がいつも一緒なら、
椅子の配置も、人員配置も、
そうそう変わることはないでしょう。


年に1回の講演会をどうしてもやらなければいけないのなら、
できるだけ毎年同じ人が運営するのが効率がいいと思います。
そうして、勝手の分かった人間が数人いて、
あとはボランティアを募るだけでいい。


マンパワーとしての意味の委員なら、
4月のうちから委員として1年間拘束しなくても、
講演会前に呼びかければ、きっと集まると思います。
きっと当日講演会に来る人が、早めに来て担ってくれます。
椅子を並べる、プログラムを配る、アンケートを回収する程度だもの。
参加者はほとんどがその学校の保護者なのだもの。


よって、講演会を実施するための運営の意味での委員は、
せいぜい5〜6人、多くても10人もいれば足りると思います。
それくらいだと意見も出やすく、決議も取りやすい。
なにせ、やる事は決まっていて、
講師さえ決まれば後は段取りくらいで、
それは毎年ほぼ同じなのだから。


クラスに1人ずつという割り当ては、多すぎる気がします。
負担をみんなで分け合うというバランスだけを配慮していて、
活動自体をやりにくくしています。
そもそも、PTA協議会も、PTA活動を負担と称して、
みんなで分け合うように促しているのが笑えるのですが…(≧m≦)



と、取り敢えず笑い飛ばしたところで、
ついでのポチりは、こちらでございます( ´ ▽ ` )ノ
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2015. 02. 21. (Sat) 11:11  [全般コメント:2  トラックバック:0

PTA捻れ問題ーー「基本」と「要件」 

「PTA入会は、任意加入ですか?」
と問い合わせれば、ちゃっかり、
「基本的に、任意入会です。」
と答える。
そして、
「ただし…」
とPTAのめざす理念を説明し、
「ご理解を…」
となる。


子ども会も同じで、
「子ども会は、任意加入ですよねぇ?」
と聞いてみると、
「子ども会は、基本的に任意加入です。」
だそうだ。
そんなことは知っている。
そしてまた同じく、
「ただし…」
と続く。


この「ただし…」が曲者。

基本は基本であって、実態は違うと言いたいのだ。


これは、「予定は未定」みたいに、
決まっているようで決まっていないけど、
「まぁ、気にするな。」
ってことでしょうか。


気になります。
気になっています。


基本的に任意加入ならば、任意加入だろうし、
基本的に任意なのに、実態が強制入会ならば、
これは許し難いことですよ。
だって、「任意加入」というのは、
「基本」というよりも、「要件」なのです。


なんだか「基本的に」が足を引っ張るぅ>_<
誤魔化されそうになるぅ>_<


もしかして、
「基本」のはずの「任意」をアレンジしたらば「強制」になるのかな?
まさかー( ̄▽ ̄)



来てくださってありがとうございます。
ついでのポチりなら、こちらでございます^o^
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2014. 09. 16. (Tue) 22:11  [全般コメント:2  トラックバック:0

なくなれPTA本部 

もしも、PTAが自由入会だっら…

本来、そうあるべきなのにも関わらず、
自由に入会も退会もできないというおかしな環境の中で、
必死に想像力を膨らます。
これまでの縛りや、命令口調や、押し付けや、同調圧力他諸々の、
いや〜なトラウマをできる限り排除してみる。
本来あるはずの自由なのびのびしたボランティア活動を、
一生懸命イメージする。

そこまで心を美しく清めて、
さあ、あなた、PTAに入会しますか?
PTAのどの活動に興味をもちますか?


自由入会ならば、希望する委員会へ入会するでしょう。
そうでないと、面白くないなぁ。


私は、そうだなぁ……、
ベルマークを集めたい。
ベルマークを集めて寄付する活動がしたい。
先日調べてみて、やりようによっては、
とっても有意義な活動にできそうだったから。
これまでのような、
ベルマークの点数をコツコツ集めて、何か物に交換するのは、
あまりにも効率が悪いけど、
テトラパックや、インクカートリッジなんかは簡単で、
みるみる成果でそうだし、
ベルマークも、点数交換でなく寄付なら、
仕分けや計算もしなくていいと知ったので。

でも、活動の方法とか、広報のやり方とか、
細かーい指示を本部からされるなら、
ちっともつまんないからやりたくないな。
何度も言うけど、
自主的な活動ならいっぱいやりたいことはあるのだけど…
PTAは、なぜ、自主的な活動をさせてくれないのだろうか?


さらに想像を膨らます。

さら地に、
そんな自由参加の活動委員会が幾つか立ち上がって、
活動費はどうしようか?
やっぱり会員から会費を集めるべきだろうか。
そのためにやはり、PTA本部は必要かしら?


それが…実のところ、
活動委員会へ下ろされる活動費なんてわずかなものなんです。
いちばん大きいのは、広報誌を作るための印刷費用ですが、
これは予ねてより贅沢すぎるうえ、内容が学校新聞になっている
という批判の声が多いので、ちょっと横に置いおく。
活動委員会の活動費程度なら、
自由に集まった委員会(サークル)でもありますし、
それぞれで会費を定め集金して活動費としてもいいんじゃないでしょうか。
そっちの方が、よほどスッキリとして使いやすいような気がします。
金額も、集め方も、使い途も、自分たちで決められる!


なんだ、なんだ、そういうことなんだ。

こうなると、PTA本部は、必要なくなる。
それぞれの委員会(サークル)で会計をし、
繰り越していけばそれでいい。
金額も少なく、間違いが少ないだろう。
少人数なので結束が強くなり、楽しい活動になるに違いない。
活動そのものが引き継がれるし、メンバー入れ替えがなくなる。
リーダーが頻繁に変わらない。
理念や趣旨が、薄まらず良い活動になるとおもう。


自分たちで始めた活動という意識があれば、
活動の見直しも、メンバー内から声があがることだろう。


実は、PTAの本部にうんざりしている。
親分かよ!とつっこみたくなる。
PTA本部なんか解体になって、
それぞれで考えて活動できたらいいのに(~_~;)
委員会(サークル)同士の横のつながりも自然発生しそうな気がする。

例えば、
講演会をしたいね となって、
費用をどうしようか? となって、
バザーでもやるぅ? というように。



関われば、関わるほどムシャクシャするPTAです。
こんなにやる気を削がれるのは、なんなんでしょうか?
今年度、まだ半分も来ていませんが、
そんな私への応援ポチりはこちらですm(__)m
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2014. 08. 10. (Sun) 18:21  [全般コメント:2  トラックバック:0

PTAが任意組織なのに任意加入を取り入れられない理由 

PTAは、行政から利用されている部分も多い。
PTAだけではなく自治協も利用されている
と感じる。

行政に地域住民の声を反映させようという流れの中で、
行政が歩み寄った結果なのだろうと思う。
だから、
「利用されている」というのは聞こえが悪いかもしれないが、
歩み寄りのために作ったシステムが、
残念ながら「行政が地域を利用する」ような結果を招いた(?)
むしろ、行政の仕事を地域に下ろすことにより、
経費削減を目指しているという観点も否めないのだが…(¬_¬)


例えば、人権教育についてだと、
地域(自治協議会)には、人権尊重推進協議会(人尊協)なるものがある。
この人尊協では、年に1回の人権講演会を開催する。
PTAの委員会と同じように、各地区から選ばれた委員で成り立っている。
PTAの委員会でやっているのと同じく、
手分けして、行政が開催する人権講演会にも聞きに行く。
人権教育推進員を招いて勉強会をしている。
行政から呼ばれて計画を立てさせられて、
遮二無二勉強させられているので、強制感がいっぱいだが、
人権問題についての見識を広めている。たぶん。
PTAと同じように人尊協主催で地域の人向けに講演会を開く。
行政から補助金が出るが、行政から請負わされた感覚は拭いきれず、
自主制もへったくれもない。
学校の課題を克服するような気持ちでやっつけるしかない。

そうして、更に、PTAと人尊協が共同で開催する講演会がある。
だから、PTAの委員会で委員長を引き受けると、
自動的に人尊協に入ることになる。
それを知らないと、すごく騙されたような気分になるだろう。

講演会は、小学校PTAでも、中学校PTAでも開催する。
いずれも行政の言われるがままに催すので、委託のようなものだ。
一校区で、何回講演会をすれば気が済むのか~_~;

それらの企画から広報、実施まで、全てを行政は丸投げをする。
彼らは、計画書を受け取る。報告書を受け取る。
講師に謝礼を渡す。それだけ。

講師は、誰でもいいというわけにはいかない。
初お目見えの方の場合は、
行政(生涯学習推進課)の審査があるというのだ。
呼びたい講師を好きに選ぶこともできない。

しかも、謝礼がやたら安い。
講演費の感覚だと安すぎて、遠方の方など呼べるものではない。
交通費も出ないような額なのだ。

まったく、何をやらせるんだと憤りを覚える。


他にも、
公園掃除を地域住民ですると自治協に補助金が出るという。
そのため、月1の公園掃除当番が決められている。
そのためには人手がいる。
地区毎に違うだろうが、私の住む地区は、
子ども会にその役割が回ってきている。
だから、うちの地区は子ども会も、自動入会となっている。


更に言えば、アルミ缶など有価物を集めると、補助金が出る。
この役割もまた、子ども会が担っている。
最近どうした理由からか、アルミ缶に対する補助金が値上げされた。
意味が解らない!?(・_・;?
補助金の元手は税金ではないか。
補助金を受け取っているようでいて、
遠回りしてリサイクル料を支払っているようなものだ。
アルミ缶などスーパー前のリサイクルBOXに入れたら、
タダでリサイクルしてくれるというのに!


こんな風にマジックのように巧みに、
PTAも自治協も行政から利用されている。
ほんとうはこちらから利用しなければいけないのに。
役割が多すぎて、仕方なくやっていて、
やっつけ仕事で関わって、なにがなんだか理解できぬまま、
いつの間にか行政に振り回されている。
自治協に関わる地域の年配者たちは、人手がなくて、
他の役割を幾つも掛け持ちしているそうだ。
やっつけ仕事になっても仕方がない。
役も仕事も多すぎるのだと思う。


こんな風に、PTAは地域と絡む。行政とも絡む。
特にPTA及び人尊協が委託している人権講演会は、
元は教育委員会から下りてきている仕事だ。
生涯学習課の人に聞いた。
人権講演会への補助金は、教育委員会から出るのだそうだ。


なんだやっぱり…(¬_¬)
目くらましのようにして、
遠くから手綱をひっぱっている。
教育委員会ってまったく…(¬_¬)


PTAは任意に組織された団体のはず。
だから、自由入会でいい と教育委員会も文科省も言うのだけれど、
そして、学校とも別組織なので、
教育委員会も文科省も指導できない と言うのだけれど、
ではなぜ簡単に、入会届さえ作れないのか!
作ればいいのに、作れるはずなのに、そのように動けないのか~_~;

表立っては見えない手綱(請負い仕事)が、
足を引っ張っているのではないだろうか。


だからやっぱり、文科省は、
「PTAは任意に加入するもの」
と各PTAと学校へ徹底周知すべきなのです。


PTAが任意であることを周知するために署名を集めています。
ご協力、おねがいしましm(_ _)m
署名につきましては名前を非表示にできます。
↓↓↓
チェンジ
キャンペーン/
文部科学省-ptaは任意であることの徹底周知と
ptaへの入会同意書の義務付け



ついでにポチッとよろしくm(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
2014. 08. 04. (Mon) 19:05  [全般コメント:2  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。