≪ 2017. 07 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 09 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

公立高校のPTAに入会しなかったけど就学支援金にPTA会費が含まれるので・・・ 

ある日、
高校のPTA入会していないつもりのキヅキに、
総会資料と委任状が届いた。

会員ではないので、委任状は当然提出しない。
便宜上全員に配られるのであろう総会資料は、
いただいておくことにする。


ところが、息子帰ってきて、
「コレ、絶対提出って言われたから、書いてくれ。
明日忘れたら、どんな遠くても家に取りに帰らせる
と言われた。」
と言うのだ。


『あの担任め』

キヅキのやる気スイッチがONされてしまった。


委任状は空欄のまま、
PTA入会は、今年度は見送ります。
よって、委任状は提出しません。」
と書いて提出した。


数日後、
待ってました!
とばかりに
学校からの電話を受けた。


電話の主は、教頭からだった。


教頭
PTA会費は、教師も払っています。
どうか保護者のみなさんにも入会してもらいたいのですが…」

キヅキ
PTAは、任意に組織された社会教育団体というのは、
文科省も認めているところです。
私は、
高校生息子だけではなく、
小学生、中学生と兄弟がおります。
そちらのPTAには入会はしています。
昨年は、小学校でも中学校でも委員になりました。
中学校では委員長をやりました。
他に、小学校、中学校で、
読み聞かせボランティアもやっております。
さらには、子ども会、育成会と入会しており、
数えると、すでに、
6個のボランティア活動をやっています。
もう、これ以上、活動を増やせないのです。」

教頭
「なるほど…
だけど、高校のPTAは、小中学校ほど忙しくはないので、
なんとか…」

キヅキ
「だけど、また来年も役員決めはありますよね。
とても受けられないのですよ。」

教頭
「それは、クラスで事情を話してくだされば、
無理にとは言われないですので…」

キヅキ
「活動が出来ないのに、入会したくはないのですよ。」
さらに、
「おそらくは、会費の問題かと思います。
県立高校は予算が足りず、なかなか金銭面でご苦労があると聞きました。
そこで、PTA会費と後援会会費と同額を寄付させていただきたいのです。
本当はもっとたくさん出来れば良いのですが、
うちもそれほどの余裕はないものですから、
少なくて、申し訳ございませんが…」
さらに、
「ただ、別で納めたくても、
就学支援金の内訳に、PTA会費も後援会費も入っているのですよ。
そのた事務手続きが、面倒ではないかと、
それをどうしたらよいかと思いまして、
その点をおたずねしたかったところです。」


多分、ここで、教頭は気づいたかと思う。
くだくだ言わなくても、
放っておけば、PTA会費も後援会費も、
自動的に県から入ってくることを。


教頭
「そのような形ができるどうか確認してみます。
学校へ後援してくださる気持ちがおありな事はよくわかりました。
今後とも、学校へのご協力をよろしくお願いします。」

キヅキ
「もちろんです。
息子の通う高校です。
できるだけの事は、協力したいと思っております。」


以来、なんの連絡もありません。


就学支援金に含まれる、不可解なPTA会費と後援会費を、
支援金から外してもらうよう、県に言う事は簡単です。
多分、その事務手続きも簡単です。
計算していただいて、
銀行に一回行けばOKのはずです。


しかし、私にそれほどの恨みつらみは、
まだこの高校にはありません。
別に後援会費を納めたくないわけでもありません。
あの担任が要らぬことを言わなければ、
何事も言わずと良かったことなのです。
だから、
何とぞもう、
キヅキのやる気スイッチを押されませぬように。。。


よかったらポチッと(^O^)/
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



スポンサーサイト
2014. 05. 31. (Sat) 21:50  [PTA未入会コメント:6  トラックバック:0

公立高校のPTAに入会していないつもり 

PTAにも後援会にもまだ入会していないつもりで、
入学式に出席した。

あの日PTAアンケートを回収していた人の
「ちゃっちゃとやってしまいますから」
を私の都合の良いように解釈すれば、
合格発表後の入学説明会の日に回収したのだから、
入学式までに役を引き受ける人が決まっていると思う。

ところが、
入学式終了後、生徒は会場に置き、
保護者だけを教室へと誘導された。
何の説明もなく。
言われるがまま、保護者たちの群れが教室へと向かう。


そして、子どもの席に座らされ、何かと思えば、
アンケートをとったはずのPTAと後援会の役決めだった。
春休みの期間、何をやっていたんだPTA本部は…~_~;


その委員(役員)決めを、担任教師が先導する。


「どなたか、立候補者はありませんか?」
担任教師の自己紹介も早々に、コレだ~_~;

「そんなに大変じゃありませんよ。
はい!どなかかありませんか?」
これで説明できたつもりだろうか?~_~;

「それでは、
アンケートに“やってもよい”と書いて下さった方は
出てきてください。」
と、名前が読み上げられる。

“やってもよい”さえ、少なかったようだ。
結局は、“できない”の選択肢がなければ、
無回答で出すしかなく、
皆がそうしたということだろう。

そりゃそうだよねぇ(⌒-⌒; )

最初から不信感抱かせてしまって、
ここのPTAもダメダメだなぁと思った。


その後、読み上げられた人々で、
前で、話し合って決めるよう言われるも、
まさかこんなことになるとは思っていなかった
人の良い真面目な人々は、
唖然、愕然、呆然とするしかない。
お気の毒だ´д` ;


その人たちから、
「私がします」という声は上がらなかった。

お一人だけ、
「どんな仕事ですか?」
と具体的な説明を求められた。

その時の先生の回答が、また耳を疑う。
「私は、やったことがありませんので。」

やったことなくても、
先導するなら説明くらいできるようになっておけよ
と思った。

そこへ、後方から保護者の声が入った。
どうやら今期の役員らしい。
兄弟で同じ高校のようだ。
説明はこうだ。

「小中学校ほど忙しくはないです。」
これだけ。


質問した人も誰も彼も、きょとんとした。
そして、さっき質問した人が、

「まあとにかく、あなたがされてた役をすれば、
あなたに聞けばわかるだろうから、それをやります。」

という条件付きで引き受けられた。


ところが、
まだもう一人、決めなくてはならない。

前に出されている、
心ある善人たちが不安な表情で立っている。

そろそろ生徒たちが来るだろう。
時間がない と急かされる。


それで、とうとう、
ジャンケンをして決まった。


これが、私がこの春経験した、
公立高校PTA役員決めの顛末だ。


聞けば、他の高校は、
近所の方でだいたい済ませてしまうようだ。
確かに、小中PTAほどおおごとでもない。
目的が、学校の後援なのも、
ギャーギャー言うほどのことではない。
保護者はそれも理解済みだ。
後援したくない気持ちもない。


要するに、説明が足りないだけだ。
説明して信頼関係がそこにあれば、
「近くだからしましょうか?」
というものだ。


いちばん大事な事を怠っているように感じる。


よかったらポチッ(^O^)/
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



2014. 05. 31. (Sat) 14:56  [PTA未入会コメント:2  トラックバック:0

公立高校のPTAに入会せず 

長男が、公立高校に入学をした。
中途半端な学校なんで、
入学説明会も要領を得ずダラダラで、
ヘトヘトになって帰ってきた。
その日、PTA役員と後援会役員の
「募集アンケート」というもののの提出を求められた。
その用紙を見て、オドロキながら笑いながら突っ込んだ。
後ろの席に座っているお母さんとまで、
指差しながら笑った。呆れたのだ。


その用紙が、これまた手元にある。
またしても提出せずに帰ってきた。


だって、入会する気がないですし。


係の人(先生なのか保護者なのかは分からない)が、
保護者席を前から順々に回収された。
皆さん、素直に回収に応じた。
私はと言えば、
「提出は強制ではないですよね。入学式まで考えます。」
と提出を拒否した。
係の人は、
「まあ、まあ、ちゃっちゃとやっちゃいますんで。」
と変な焦りを含んだ、疑問符が立つような応答をされた。
私は続けて、
「今日は答えられないです。
家族と相談して提出します。」
と調査票を仕舞った。

たった1人回収出来なくても、
実際なんの影響が起こるものでもない。
それに、アンケートとうたいつつ、
生徒指名、保護者氏名、出身中学、
電話番号が同時に回収される。
そこにプライバシーポリシーも何も無く。
これに答えれば、
入会を同意したことになるだろう。


では、
先に取り上げたの脅迫めいた小学校PTAの調査票とは
また違う色を放つ文言に、
「ナニコレ!?(・_・;?」
と驚いてもらいたい。


…後援会からのアンケートより…

あてはまる項目に⚪︎をつけてください。
平成26年度の運営委員会を
⒈引き受けます。
⒉引き受けられません。
⒊どなたもいらっしゃらなければ、引き受けても構いません。



と、このようになっております。


さて、お次は、

…父母教師会(PTA)より…

該当する番号を⚪︎で囲んでください。
平成26年度父母教師会(PTA)の委員会委員について
⒈したい
⒉してもよい
⒊誰もいなければしてもよい



と、このようになっております。


どちらにしても、
出来ないし、
したくもない私は選択する番号がないわけです。


そして更に、
小さな文字で添えられた文章も同時に紹介します。


※「できない」という項目は、
仕事や介護をしながらしてある(ここ方言が入ってます)方も
いらっしゃいますから、選択肢から除いています。
ご理解いただき、ご協力くださいますようお願いいたします。



高校よ、お前もかorz
シェークスピアをパロったコントが頭をよぎりますw

またしても、コントorz


最後に真面目に、
この高校のPTAの組織図を紹介します。


後援会の下に後援会運営委員会があります。
<不思議な気がします。

この後援会運営委員会に、
クラスから1名ずつ役員が出るようです。
そして、
この後援会運営委員会の下に
PTAの組織が連なるという形みたいです。


この高校のPTAが、
高校独自で組織されているのなら
どんな形でも構わないでしょう。

しかし、調べれば、県PTA連合に加盟しております。

つまり上まで辿れば、日本PTAへと繋がるので、
いわゆる任意組織された社会教育団体PTAなのです。
いわゆる社会教育団体PTAは、学校の後援会ではありません。

それは、文科省も、日本PTAも、
最近は市PTA協議会さえも認めたところです。

それなのに、後援会の下に置くというのは。
完全に主旨も目的も理念も無視されています。


学校はといえば、
そんなことはどうだって良いのです。
要するに、
『どうやって資金を集めましょうか?』
ということで作り上げた
会費徴収のための組織なのだから。



よかったらポチッと(^O^)/
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



2014. 05. 31. (Sat) 14:02  [PTA未入会コメント:2  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。