≪ 2017. 04 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 06 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

個人情報の取り扱いについての承諾書で迷宮を彷徨う 

とあるPTAが、
個人情報保護法にまつわる同意書を発行したと聞いたので、
自動入会にしているPTAが、とうとう、
自動入会に際し同意書を出したか⁉︎
と思ったら、よくよく聞いたら、
単に個人情報の取り扱いについての承諾書のことだったorz


うちにも同等の書類がある。
それは、学校長とPTA会長の連名で出される
『児童の個人情報の取り扱いについて』という書類だ。
学校とPTAの連名?と思われるかもしれないが、
これはうちのPTAに限っては、得策なのである。
なにせうちのPTAは、文書作成機能がぐだぐだなので。


そして、私の知る限りにおいて、
学校は個人情報の取り扱いについてきちんと以上に慎重であるため、
PTAに任せるよりも安心である。
PTAはといえば、
いろいろな人たちの無責任と投げやりが集結しているため、
結果、ぐだぐだで、まちまちである。

特にPTA広報誌の児童写真の多様。
というか、写真でいっぱい。
そして鮮明!鮮明でないと許さないこだわり!
と、完全に広報委員会の自己満足ポートフォリオのような有様だ。
なぜならこれは、広報委員の年間活動の証し!
頑張った広報委員しか保管しないイヤーアルバム!


一方、学校は、HP、学校便り、学級だよりなどで、
写真で児童の様子を公開することがあるが、
児童の名前と顔が一致しないよう細心の注意を払っている。
また、画質は落とし、
あくまでも様子を報告するものとして写真を取り扱っている。
当然だけれど、
児童および保護者、教職員の
住所、電話番号、生年月日が分からないよう配慮されている。


そして、この内容を
『児童の個人情報の取り扱いについての方針』として明記され、
そこでやっと承諾するしないを考えるに至る。
これが当たり前の順序というものだ。
だから私は、PTAはともかく学校を信じて承諾をする。
(PTAはその年、その人により変わるので、なんとも言えない)


ところで、最初に挙げた、とあるPTAである。
ここはうちのPTAと違いPTA独自で、
この『個人情報の取り扱いについての承諾依頼』を配布するらしい。
学校とPTAがそれぞれ独立した組織なのだから、
筋道としてはそれが正しい。


では、PTAが取り扱う個人情報ってなんだろうか?
せいぜい、PTA活動における連絡等に必要な「会員名、連絡先」くらいだと思われる。
住所というより、住んでいる地域が確定できればいいくらいだ。
ただ、自分の意志で入会するなら、住所くらいは伝える事も厭わないのであるが。。。


それ以外で考えられるのは、やはり、
先に述べたPTA広報誌で写真や名前が掲載されるかもしれない事だが、
PTA広報誌は今は学校新聞と化しているので、親の出る幕もないだろうw


だから、
PTA独自で出される『個人情報の取り扱いについての承諾依頼』に、
同意するもしないも、入会し、活動に参加するなら、
同意しないことには自分自身の活動に支障を来たす。


では、同意しないとどうなるのだろう???
これは実質、活動できないことになる。


ということは、
「同意しない」で「活動しない」が通ることになる。
会費のみ納入の事実上の非会員である。


果たして、それが本当に通るか通らないかが、
相手がPTAなだけになんとも言えないがorz
なにしろPTAは、
想定外の変化球いや魔球を投げつけてくるところがある。
これも、どんな人がどんな意図で、
この文書を発行したかが分からないのでなんとも言えない。


でもここは、
そのまま真っ直ぐ素直に受け取って、「同意しない」で出してみよう。
すると、理由を書く欄につまづく。
これも相手がPTAでなければ、「自己都合」で通るはずである。
個人情報保護法といいながら、
他人の立ち入った事情まで聞きたがるのはPTAの悪い癖である。
真っ直ぐ素直に「自己都合」で回答しても、問題ないはずだ。


しかし「同意しない」のに、「個人情報を記入」させるのは滑稽である。
とすると、名前も書かずに「同意しない」を選択する?
これはこれで滑稽である。
誰が同意していないか分からないではないか⁉︎


なんということだろう。迷宮に入り込んでしまった(ノ_<)


ということで、
PTAのぐだぐだぶりはうちだけの話ではなさそうである(笑)


さて、この承諾書、あなたならどう対策されますか?


私σ(^_^)?
私は活動する気がないなら提出しないでしょうね。


そして、何か連絡があっても、どこで連絡先を調べたのかな?
と聞くことになる。
そのあとの事は、その時その時で考えるしかない。


まずは、PTA活動をするかしないか、
PTAにどこまで協力する気持ちがあるか、それともないのか、
その気持ちの方が大事なのだと思う。
相手を知りもしないのに、怖がっていても仕方がないところもある。
とにかくPTAは、活動する委員会の長によって違うから、
同じ委員会でも年度によってやってることは同じでも対応の仕方が違ってくる。


私が今思うのは、
PTAは、よく自分たちを知らせもしないで、
なぜ当たり前のように入会をさせ、活動を迫るのだろうかということだ。
新一年生の母は、朝、学校を送り出して帰ってくるまで、気が気ではない。
1学期間は、
「無事に学校へ行って、無事に帰って来る」
そのことだけで一杯一杯である。
実は1年生の先生方も同じ思いである。
この時期は、学校に慣れることに精一杯サポートしてあげたいものである。


PTAは、それくらいの猶予を持っての入会でも良いのではないだろうか。
長子を1年生に進学させた時の親の気持ちを、
PTAの役員も他の会員も同じように味わった、同じ学校の保護者のはずなのに。。。


ついでにポチ👇
↓ ↓ ↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ




スポンサーサイト
2015. 04. 09. (Thu) 00:53  [個人情報コメント:10  トラックバック:0

役員推薦時の個人情報ナニコレ 

個人情報とは、
特定の個人を識別できる情報(氏名、生年月日等)を指します。
他の情報と照合することによって、
特定の個人を識別できる情報も含まれます。
学籍番号などがそれに当たります。

2005年4月に施行された
個人情報の保護に関する法律(略して個人情報保護法)によって、
5,000件以上の個人情報をデータベース化して所持し、
用いている事業者は個人情報取扱事業者とされ、
主務大臣への報告とそれに伴う改善措置を義務付けられました。
適切な対処を行わなかった場合は、刑事罰を課されます。


したがって、何らかの手続きで、
氏名、住所、電話番号など、
個人を特定できる内容を記述の際は、

「個人情報取扱事業者の主な義務」
利用目的の特定(第15条)
利用目的の制限(第16条)
適正な取得(第17条)
取得に際しての利用目的の通知(第18条)
苦情の処理(第31条)

についての、いわゆる『プライバシーポリシー』を提示し、
それに同意するとともに署名するというのが、今や常識になりました。


特に、第三者への提供については、
あらかじめ本人の同意を得なければ
提供してはならないことになっています。
しかし、事故の安否確認や、
人の生命、身体や財産の保護のために必要な場合、
児童虐待情報などの場合(本人の同意を得ることが困難)などは、
例外とされています。


さて、では学校がこの個人情報取扱事業者かという件についてです。
5000人の枠については、学校の規模にもよりますが、
なによりも、
学校、公教育という点から考えて、
この制限からは外れるようです。
とはいえ、未成年者とその家族の情報を保有していますので、
取り扱いには充分な配慮も必要で、
そのためのルールは、
公務員法、教育法などで規定されていることと思います。


例えば、こんなことがありました。

私を役員に推薦された方がいたようで、
まずアポイントの電話がありました。
どうして私の電話番号を知っていたのか、
その時は分かりませんでした。
後で気づいたのは、同じ町内で子ども会の名簿を見れば、
簡単に知ることができたのでした。

その時は、
「後日、委員長から電話がありますがいいですか?」
と言われました。
ダメとも言えず、
「はい、そうですか」くらいの返事をしたのだと思います。

数日後、また他の方から電話がありました。
この方は、どうして私の電話番号を知ったのでしょうか。

おそらくは先の「はい、そうですか」の返事で同意したとみなされ、
その方へ電話番号が渡ったのです。
そして、内容説明をする日程の話をされました。
私は、訪問されるのは嫌なので、学校に伺うことにしました。
その時日程は確定されず、
「後日また電話します」と言って電話は終わりました。

この時、私は、まだまだあまちゃんで、
せっかく推薦してくださる方がいるので、
内容を聞いてから断ってもいいと思っていたのです。
つまり、
無下に断れないなぁという気持ちがあったのですね。

そして、次の電話を待つ間に、
家族に相談したり、知合いに相談したりしました。
こういうお話を受けた時、
そのことについて、周囲には漏らせないので、
校区外の友人(現役員)に相談するしかありません。
また、卒業生ママで信頼できる方(役員経験者)もいたので、
その方にも相談しました。
しかし、
皆が口を揃えて、「薦めない」と言うのです。

実は同時期、
私は上の子の中学校で、役員選考委員をしていました。
こちらも難航していました。

よって、「薦めない」の理由は、
すぐに解ることになりました。
本部役員の活動実績を全て表にしてみたからです。
学校だけではない、地域や協議会、連合、青育連、
様々な団体に顔を出していました。
想像を超える忙しさだったのです。

これではとても出来る環境にない。
考える余地もない。

答えが出ました。


そこで、わざわざ時間を割いてもらうまでもないと、
お断りするつもりでいたのに、一向に次の電話がないのです。
こちらからは連絡する手段がありませんでした。
相手は、ご自分の連絡先を告げられませんでしたから。
今思えば、偽名だったように思います。
子どもが同じ学年というのに、
その苗字の生徒は誰に聞いても知らないと言われたんです。
使った偽名が、教頭先生と同性なのがなんとも怪しいです!?(・_・;?


連絡先が分からないのでは断りの入れようもありません。
そこで、選考委員会担当教諭の教頭先生に電話をして、
お断りする旨を伝えました。ところが、
教頭先生は、この件に関してノータッチと言うのです。
困りました。


そこで、偽名(?)らしき方と直接話したいと、
連絡先を教えてくださいと頼みましたが、
教頭先生はそれはできないと言うのです。
またまた困りました。


結局、いろいろ話して、
教頭先生から委員長へ連絡をとってもらい、
委員長から私に電話をかけてもらうことで、
折り合いがつきました。


すぐに委員長から電話がありました。
連絡してきた偽名らしき方とはまた別の方でした。


ともかく、
委員長と話して、
無事に本部役員への推薦は断ることができました。


このように、
学校は、個人の情報を漏らす事に対して、
とても慎重になっています。


だから、PTAが学校とは別組織の認識が、
当たり前になってくれば、
学校はPTAにも個人情報は流さないと思います。


そのためにも、ぜひ署名で協力いただけないでしょうか。
署名につきましては名前を非表示にできます。
宜しくお願いします。
↓↓↓
チェンジ
キャンペーン/
文部科学省-ptaは任意であることの徹底周知と
ptaへの入会同意書の義務付け



この活動をもっと広めて、
健全なPTA活動が実現できたらなぁと思っています。
ついでのポチりも、よろしくおねがいしますm(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



2014. 07. 21. (Mon) 10:56  [個人情報コメント:4  トラックバック:0

個人情報漏洩事件から考える学校コンプライアンス 

子供の名前、生まれた年と住所がセットで一件200円ですって!
特に子どもの個人情報は、
何度でも活用できるので価値があるんですって!
今回のベネッセの個人情報漏洩事件で、
個人情報保護法があったとしても、
個人情報が正規に売り買いされていた事に驚きました。
たとえ、それをまた更に厳しく規制しても、
今度はもっと価値が上がって、
裏で取り引きされることでしょう。


さて、子どもの個人情報が、
ドッサリ集まっているところがあります。
なんとね、家族構成も偏差値も、
家族の通う学校や保護者の勤める会社も、
業者がウハウハ喜ぶ情報が、案外無防備になっていませんか?

大丈夫かな?学校長。


それを、PTAという社会教育関係団体に横流ししたら、
それは流用というより、漏洩なんじゃないの?


新学期に、家庭環境調査票を記入し提出させる折り、
PTAにも流しますなんて、同意した覚えがないです。
もちろん、PTA以外にも流してもらっては困ります。
なんだか、怖いです。
教師は、このようなコンプライアンスについては、
きちんと研修されているかとは思いますが、
この家庭環境調査票の管理方法についても、
この機会に見直す必要があるのではないでしょうか?
少なくとも、
この家庭環境調査票の記入に際し、
プライバシーポリシーは添えられるべきと思うのです。
利用目的と、それ以外に使用しないという事を、
きちんと添えるだけでいいのですから。
そして、そのファイル管理についても、
その内容についても、今一度検討してもらいたいです。



いつも来てくださって、ありがとうございますm(_ _)m
ついでのポチりは、とても励みになります(^_−)−☆
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ

2014. 07. 19. (Sat) 20:30  [個人情報コメント:4  トラックバック:0

子どもの個人情報と夜間パトロール 

最近お騒がせ中の、スマイルゼミですが、
我が家にもDM届きました。
届いた瞬間、怪しがっておりました。
出処がはっきりして、まあ、よかったです。
幸い、他からのDMは届いていないです。
名簿屋さんは、他へは販売なさらなかったのかしらん(¬_¬)

スマイルゼミさんは、これほど巷の親たちが、
子どもの個人情報に敏感だとは
露ほどにも思っていなかったのでしょう。
おそらく、あっちからこっちから
DMが届いているはずと思っていたでしょう。
その中の1通として紛れ込む予定だったのでしょう。


ところが今どき、こんなにDM送っているのは、
ベネッセさんくらいだったわけですよ。
ベネッセさんには、実際契約がありますので、
ベネッセが他の通信講座の案内を送ってきたところで、
いちいち反応しません。
いちいちシュレッダーかけるのが面倒で、
迷惑だなあと思っているだけなんです。


スマイルゼミさん、少し認識不足が過ぎましたね。


認識不足が過ぎるのは、
スマイルゼミさんに限ったことではありません。
私もネットでいろいろ買い物しますし、
Amazonで古本を買ったりもしますし、
なかなか管理しきれていないのです。
だけど、子どもの個人情報は、
自分のものではないので、
自分が管理している間は守るべきだと思っています。
しかし、ベネッセに契約しているということで、
それも出来ていなかったということのようですorz


今回の件によって、世の親たちが、
どれほど子どもの個人情報に注意していたかが浮き彫りになりました。
中には、子どもの画像や名前を平気でFBにUPする親も居るようですが、
大半はかなり注意しているということでしょう。


それなのに、
子ども会は、どうして平気で名簿作りますかね?
時代と、まったく逆行した行為です。
誰かがやめなければいけません。


ところが、子ども会も、PTAと同様かそれ以上に、
古い古い村社会を引きずっています。
それに対応できない母たちが、
押し付けあって役を決めて、
押し付けられた役員でなんとか1年やり過ごし、
「私でもできました!」
と最後の捨て台詞を吐かせるわけですね。
そして、また再度押し付け合いですorz
もう、泥沼ですorz


この役員決めの泥沼会議さえ逃げ切れば、
あとはどうだっていいのです。
それくらい疲れます。
あの会議に疲れすぎちゃっているので、
「子どもの名簿なんか作るのやめてよ!」
なんて、声も出ないわけです。


良いのかねwww
あの名簿、売ってる人居るでしょう。
怪しげな塾や家庭教師協会から電話かかってくるんですよ。
子どもの学年まで、なあんで知っているのでしょうね。
住んでる地区限定でかかってくるんですけどね。


子ども会が子どもを守らなくてどおするんでしょうね。


また今年も、夜間パトロールの当番表が届きました。
夜、9:00から母親が出て行くんですよ。
良い子は寝る時間に、
子どもを置いて出て来いというのですね。

いったい何歳の子供なら、
そんな時間に留守番させても大丈夫ですか?

私は、
夜の9:00に子どもだけで出歩いていてはおかしいように、
子どもだけで留守番させるのもおかしいと思うのですよ。
これって、変ですか?


子どもの安全を守りたい!に賛同くださるなら、ポチり。
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
2014. 07. 12. (Sat) 16:42  [個人情報コメント:0  トラックバック:0

所属委員の名簿 

ナニコレ!?(・_・;?
てことは、次々に起こるから、
慌ただしくて、ハジから忘れていっているorz


細々としたことを書いているときりがないので、

これは!

という事を書いておこう。


それは、1回目の委員会定例会議でのこと。

うちのPTAには所属委員というものがある。
これは、クラスの連絡網があった頃の名残で、
各委員会にクラスから代表して1人ずつ出る。
これが、クラス委員だ。
そのクラス委員のお手伝いという名目で、
クラスの保護者が漏れなく所属委員として、
必ずどれかの委員会に関わる。


私は、本来これが、
かの有名な『一人一役』の始まりではなかろうか
と睨んでいる。


それは置いといて、所属委員のことだ。


以前は、学校の緊急メールのシステムもなかったので、
各クラス委員の下に所属委員が連なり、
連絡網とする形をとっていた。
要するに、連絡網の班分けで、
どのリーダーの下に入るかという程度のものだ。
だから、さっさと決まってしまう。


そのため、
クラス委員には所属する委員の連絡先が渡される。
緊急メールサービスが活用されるようになっても、
この習慣だけは消えずに残っている。


1回目定例会では、その連絡先を本部から預かり配布した。
渡されて、「ああ、あれね」とピンと来る人もいれば、
「なんですか?これ?」と質問される人も居た。


私もうっかりそていた。
あまりに当たり前のように、そのシステムに慣れていたが、
実に不思議な紙切れだ。
こんなに個人情報について警戒するようになった現代社会で、
他人の名前と連絡先を書いた紙切れを、
封筒にも入れられず裸で配られるなんて。


私は今年、委員会の名簿も、
ご本人の名前とお子さんの名前とクラス
にとどめて、
必要時に互いに連絡先を交換してください
とした。
そんな説明をした矢先の、そんな雑な個人情報入り紙切れorz
しかも、子どもと同じクラスといえど、
名前と顔があまり一致しない事も多い。


よくよく考えれば、ナニコレ!?(・_・;? だった^_^;


2014. 05. 27. (Tue) 16:50  [個人情報コメント:2  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。