≪ 2017. 09 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 11 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

新役員を決める季節 

今年度もまた、引き継ぎの事を考える季節です。

やれやれ、
「引き継ぎます(^o^)/」
と手を挙げることより、
引き継ぐ相手を決める方が、
数段難しく、数十倍も気が重いです~_~;


心を込めて案内文書を作りました。
「出席確認票」や「委任状」は付けません。
前任者も付けていませんでした。
きっと無くしたんだと思う。

だって、回収するのも煩わしい。
集まれる人で集まって話あやいいじゃん。ネー!

だから、たとえ委任状諸々あったとしても、
この私が例年通りなんて作らないです。



出欠届けがあろうと、委任状をつけようと、
「出来ることなら役を引き受けたくない」
と、みんな思っていることに変わりはありません。
だから、
そのような脅迫めいたもので、他人を縛ろうとしても、
どうにもできるものではありません。
逆に話し合いにもならず、無言の我慢大会の末にクジ引き。
クジ引きに入る入らないでモメモメの、
毎度お馴染みの展開になるのは必至です。

「出欠票」及び「委任状」が、
前向きではなくても、ほどほどの理解者まで、
そっぽを向かせてしまっていることに、
いい加減に気付いたらいいのに。


例えば、

欠席しても、出欠票を出さないでも、
くじには入れますのでご了承ください


なんて書かれた日にゃあ、背筋が凍るではありませんか。

でも、

毎年、欠席者もくじに入れざるを得ない状況が続いています。
もしも、くじに入れることを了承できなければ、ご連絡ください。


と連絡先を伝えておく方が、同じことでも印象が全く違います。


しかし、同じではないのです。
方や、事情など聞き入れないと一歩も引かない態度です。
でも、後者は、聞く耳を持っています。

実は、連絡を入れるほどに深刻な事情を抱えている人は多くはなく、
だから、勇気を出して連絡してくる人は、よほどの事情のはず。
そこへ、理解示すことは、とっても大事だと思います。

ここで理解を示すことで、
その人はきっといつか何処かで役に立とうと思ってくれるはずです。
そんな人ばかりではない と言わないでください。
そうでない人は少ないです、いや、本当に。



よかったらポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


スポンサーサイト
2015. 10. 06. (Tue) 16:07  [文書関係コメント:0  トラックバック:0

クッション言葉を使えてる? 



知っておきたい日常のマナー☞クッション言葉




先日、我が家の郵便受けに町内会長からお便りが届いた。
町内会総会の案内だった。
この案内を、私と同じ役をしている他の方にもするようにと、
その方の名前にアンダーラインをして、別紙で添えてあった。
この要件のみのシンプルな言葉のみを見て、訳もなくモヤッとしたのは、
私が町内会の在り方にうんざりしているからだけだろうか?

私は、そのモヤリを振り払い、どうやってその方達に伝えようかと考えた。
確か前回の案内は、
町内会長からそれぞれに宛てて案内文書が届いていた。
今回もやはり、文書そのものをお届けするのがよかろうと判断した。
町内会長は、今回は他の方にどうして届けないのだろうと、ちょっとだけ感じたが、
コピー代や封筒代が惜しかったかな?いつかは、使い回し封筒だったし。。。

と、それは気にするほどのことでもなく、
とにかくその案内文書をコピーをし、
町内会長のお便りと同様に茶封筒に入れた。
そして、相手の方へ、
一筆箋に、ひとこと添えて、同封した。

と、ここまできたところで、
先ほどのモヤリの原因がくっきりとしてきた。

なるほどね、
社会人としてこの方ずっとやってきた、
例えば、ファックスする時、資料を送付する時に、
ひと言添えるという、当たり前に習慣としてやってきた内容のものが、
あのシンプルすぎる要件のみの添付に、微塵もなかったのだった。


「恐れ入りますが、、、」や「お手数ですが、、、」など、
それを、世の中ではクッション言葉と言います。
人と人とのコミュニケーションにとって、とても役立つものです。
だから、新社会人になって、
名刺の渡し方と同じくらい最初に教わったと思います。
いきなり要件だけ突きつけられるより、
ずっと相手が気持ち良いですし、その後の関係性も潤沢になるのです。


一度身に染み付いた習慣というのは、なかなか剝がせないもので、
だから、私、モヤリとしたんだなぁ〜と思った。
とは言っても、
それをやらない町内会長に対し、不満も何もないけれど、
世の中には、いろいろの職業があるのだし、
それを必要としないお仕事だってあるのだし。
だから、お仕事をされていた頃に、
こういう事をやってこられてないんだなぁと思っただけ、それだけ。


そして、アンダーラインからして、
アンダーラインひくのが習慣のお仕事だったのかなぁ〜
と、要らぬ詮索をしてみたり。。。(^m^)


と、こんな感じで、
私のモヤリは秋の高い空の彼方へ吹き飛ばされましたとさw


でもね、クッション言葉、
使わないより、使った方がきっとイイと思う。
PTAでも、会社でも、どこででも。


よかったらポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2015. 10. 04. (Sun) 13:52  [文書関係コメント:2  トラックバック:0

参加出来ない人も取込み参加しない人を責めるあり得なさ 

昨夜は観月会というものに出かけてきました。
その前は夜におはなし会などもして、ゆったり穏やかな良い週末でした。
それに、久しぶり夜空を見上げた気がします。
ビルの谷間から見上げても、木立の隙間に見上げても、
大きな月の輝きは、街の灯りのどれよりも輝いて見えるのでした。


さて、そんな穏やかな秋の夜長とはウラハラに、
秋はやたらとイベントが続くPTA界隈です。
私は今年、ただの平委員なので、
つい先日「指示待ち人間」に徹すると決めたところですw


ところで、余所のPTAはどうなっているか知りませんが、
ここら近辺のPTAはどこも、「一人一役」として、
保護者全員が何かしらの委員会に関わることになっています。
それでも、各クラスから各委員会へ選出するクラス委員ほど、
何をすることもなく、1年が終わりますので誰からも問題視されていません。


例えば、バザー委員ならバザーの値札付けのお手伝いに行くとか、
保健厚生委員ならベルマークちょきちょきに一回参加するとか、
そんな程度の活動を、
出来れば参加、出来なければごめんなさいm(_ _)mで良いはずです。

良いはずですよね〜〜

と、この辺りはその時の委員長の考え方でマチマチになり、毎度、揉めてますw
委員長でなくても委員の中に、
「それでは済まさない」考え方の人が、まあ、だいたい一人はおりまして、
その声を聞くか聞かないか…というのも関係します。

私は、聞きません{(-_-)}


それはともかく、PTAというのは、
当然のことのように保護者全員を会員としてあぐらをかいておりまして、
その上「一人一役」を絶対的ルールにし、
所属委員などとして全員を何かしらに動員しようとしていますから、
子どもが何人かおりますと、
あっちで委員、こっちは委員長、
そんでもってこっちが所属委員ということに、当然なってしまいます。
その構造は、子ども会育成会も同じですから、
子どもが2人、3人居る家庭の母は、一体何役こなせばいいのか、
実のところてんやわんやとなっています。
このことが、
「PTAや育成会に真面に関わったらアホを見る」の所以なのです。



そんな感じで、私も、こっちは平委員で、こっちは所属委員で、、、
と、いくつかの役を大小請け負わされているわけです。
そして最近、
「所属委員だからクラス委員の代理で委員会に出席してほしい」
と連絡がありました。
所属委員というのはクラスに何名か居るので、その方達へも一斉送信されていました。
連絡を寄越してきたのは、クラス委員ご本人ですが、
私は会ったことがないので、顔も知らないし話したこともありません。
そしてこれまでの自分の経験上、PTAのことに限って言えば、
このような連絡に対し協力する人は皆無です。
「クラス委員にならなかったらもう関係ない\(^o^)/」
とばかりに、後の1年は知らん顔なのが普通です。


困っていらっしゃるだろうなぁと思い、
予定も空いていたので引き受けることにしました。


しかし、自分自身は、この委員会で委員長をした時に、
このような要求をしたことがないので驚きました。
そのクラス委員の方が一度も委員会に出席していないのが原因みたいです。
なるほどなぁ〜と思いました。でも、心が狭いなぁ〜と思いました。


PTAは、参加が出来ない人も勝手に取り込んでおいて、
委員会の時間帯は、委員長の都合に合わせるしか出来ないのに、
(その委員長だって、別に率先してやりたいわけでもないのですが)
参加しないことに因縁付けして責めるというねorz
よく有りがちだけど、意地の悪いやり方ですよ、まったく(~_~;)



よかったらポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ

2015. 09. 28. (Mon) 11:54  [全般コメント:0  トラックバック:0

奇跡的に引き継がれる引き継ぎファイル 

シルバーウィークなんて、こんな、夏休み明け間もなくて、
金欠の月末にドカンとあっても、ちっとも嬉しくないのです。
しかも、中学生はテスト前でありますし、
私自身も、この間、試験受けたりしました。
終わった終わった、シルバーウィーク!


さっき、前記事にコメントした自分のコメントが、
一部文脈がおかしなところがあって、ありゃーと思っているところです。
ごめんなさいm(_ _)m書き直しません(^◇^;)



さて、せっかくなので、最近あったPTA絡みの少し嬉しかった事でも書いておきます。
昨年度は、私は、成人教育委員会の委員長でした。
幸いにも以前その役をしていた人を知っていましたから、
去年はその方によく相談にのってもらいました。
PTAの役員においては、右も左も分からないまま、
責任だけがのしかかりますから、それはそれは助かりました。


だから、今年は私が相談にのる番と思っていました。
実際のところ、PTAの活動なんて、一度やってしまえばなんという事もないのです。
(時間は、取られますが…)

ただし、「こうでなくてはならない」と勝手に決めつけてしまう輩がおります。
あれは、なんなんでしょうか。
自主的に決めていけば良いものを、前年のやり方を見て、
それをルールのようにし、自分達を縛り付けていくのです。
私も、相談にのる時は、
自分のやり方を押し付けないよう、注意しなければと思っています。


詳しい内容は、省きますが、その相談の中で、
昨年度私が残してきた引き継ぎファイルが役立ったとのお言葉を頂きました。
なんだろう、報われた感じ♪

「いつしか、誰かの役に立つならいいな」
くらいの、あまり期待しない気持ちで残しましたが、
早速、役立ててもらったようです。

今年の方の意見も取り入れて、
ぜひ、次へと引き継がれれば…なんて、思ってしまいました。

PTAに限らず、本来、組織というのは、
そうやって年々進化していかなくてはいけませんね。
私、今年はたまたま、そのような人へ引き継げたから幸せでした。
PTAに限っては、なかなか無いことですもんね〜〜(^^;;


引き継ぎファイルについて、少し付け足しますと、
昨年度私が作った、文書関係は引き継がれませんでした。
でも、私は、文書作るのが嫌いではないので、頑張り過ぎたかもしれません。
今年の方は、PCを使うのが苦手と言っていましたので、それで良いのだと思います。

引き継ぐ方も、引き継がれる方も、
柔軟でなくてはならないなぁと感じました。



よかったらポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ







2015. 09. 23. (Wed) 21:48  [引き継ぎコメント:4  トラックバック:0

学校緊急メールシステムは学校システムに 

学校緊急メールシステムについて、
「ただいま個人情報漏洩中!」著者、神宮ぴこさんのブログに、
「PTAをけっこうラクにする本」著者の大塚玲子さんと神宮さんが、
Twitter上で意見を交わされた一部始終が紹介されております。
👉http://jinguji-pico.blogspot.jp/2015/06/twitter.html


うちの子の学校の場合、

学校緊急メールシステムは、
PTAが契約し学校が活用している。
PTAは料金を出すのみ。
PTA自体は何も活用していない。


と前記事に書きましたが、
所変わればPTAも変わり、地方行政も変わります。
なかには、教育委員会が契約している所もあるようです。


私は、この学校緊急メールシステムは、
子どもたちの登下校の安心、安全のために、
今や無くてはならないものと思っています。
同じ思いの親たちがほとんどと思います。
だから、契約がPTAだろうと、個人負担になろうと、
無くなれば、安心が損なわれます。
この件に関して学校予算が無いのなら、
PTAから支援するのも致し方ないとも思います。


そして、
神宮さんと大塚さんのやりとりの後半にもある通り、
個人情報保護の観点から見て、
学校緊急メールシステムは学校のみで管理するのが一番安全!
と思います。
これを、PTAと共有するとか、
ましてやPTAが管理するなどは危険極まりないです。

なにしろPTAという団体は、
ちゃんとした責任者が実質存在しないに等しいのですから。
それなのに、数百人から場合によっては千人にもなる
個人情報を扱わせるなどもってのほか>_<
リスクを避けるためにも、決してPTAに扱わせてはいけませんね。
たとえPTAが契約していようとも…

情けないことですが、それがPTAなのです(苦笑)


それにPTAは、
「入会申込書で入会をする」という、
一般社会では当たり前の手続きをとっていませんので、
PTA自体は、PTA会員の名簿を持っていません。
おそらく…きっと…多分…

だから、
学校とは別組織のPTAが、
学校緊急メールシステムを管理することで、
PTAはその学校の保護者全員の個人情報を入手し得ることになり、
結果、学校が保護者全員の個人情報をPTAに漏洩したことになります。
これでは、条例違反となります。

そのために、学校が管理し活用しているという事が考えられます。


しかし、私が解せないのは、
こんな綱を渡るような危うい契約形態を、
なぜとっているかということです。
PTAからは、学習支援や教育支援や事務手数料という項目で、
実際には学校へかなりの額のお金を支援しています。
この学校緊急メールシステムについても、
同じようにして支援金で渡して、
学校が直に契約した方が良いと思うのです。

学校が直に契約できない理由が、
うちの市の場合に存在するのだろうか…?


ただ、学校によっては、
スポンサー企業がついた無料のメールシステムを使っているので、
その場合は、学校が契約するのが難しいのかもしれません。
この辺は、調べる気も実は無いのですが、
誰か知っていたら教えてください(笑)


最後に、
そもそも90年代から始まった
「電子政府」「電子自治体」の政策によって、
各公共機関はホームページを持ち、イントラで各機関を結び、
徐々に電子化やオンライン化を図り、今に至ります。
学校も例外ではありません。
そのため、各学校はホームページを持ち、
教育委員会とイントラで繋がっています。
そのシステム開発の際に、緊急メールシステムくらい、
ちょろっとつけておいてくれたらよかったのです。
今からでも、追加で整えてほしいですね。




にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2015. 07. 06. (Mon) 01:23  [連絡網コメント:5  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。