≪ 2017. 07 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 09 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

メディアと人権問題に一刀両断! 

先日のPTA役員研修会で、
各学校から各委員会毎、T担当者、P委員長が集まって、
グループディスカッションをしたのですが、
そのなかで、子供たちを取り巻くメディアの問題が
議題として提起されました。
人権問題を扱う成人教育委員会ですから、
主に、SNSの問題について話し合いました。
ちょうど親たちも先生たちも関心のある議題なので、
なかなか熱い意見交換ができました。
しかし、結局どうしたらいいのか?
という答には至らないのでした。


研修会の最後に、会を企画した当番校の校長先生から
まとめとしてのお話がありました。
その後、助言者として参加の人権教育推進員から
まとめの言葉がありました。
その方の言葉があまりにも明解すぎて笑えました。
それまで皆して、頭をひねり、
「メディアと人権」いう大きな問題に取り組んでいたのに、
なんとまあ、あっさり!ばっさり!答を出してくださいました。
(答になっていない答ではありますが…)


その答は、キッパリ!
子どもと親が話し合って、家庭でルールを決める!
それを子供部屋に貼り出す!

だそうです(苦笑)


そんな明確な答があるのに、
どうして私たちは集められて話し合いさせられたのでしょうか。
報告書まで書かされ、提出させられました。


やれやれ、またしても、
税金からお給料をもらっている人たちの戯れに
付き合わされてしまったようですorz


私たちP役員は、数百円の交通費のみのご奉仕ですのに。。。
そんなわたしへ応援ポチりはこちら(^з^)-☆
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


関連記事
スポンサーサイト
2014. 08. 08. (Fri) 22:54  [成人教育委員会コメント:2  トラックバック:0

コメント














その校長に聞いてみたい 

おもしろいワークショップですね。私も参加したかった。
webに名前こそ書かれませんでしたが、学校の規模、学校の特定が容易になるような情報を書いた上で、悪口書かれました。
内容はPTA本部役員など一部の人しかしらない事実が書かれており、私と本部役員ぐらいしか知らないこと。
誰が書いたのか追求するのはやめましたが、いずれにしても「大人」である「PTA会員」が書いています。

うちの学校でも「メディアと子ども」というNPOに頼んで講演を依頼しています。
「仲間うちの話のつもりでも、webは思っているより更に広いところに話は広がっているし、問題があって削除したいと思っても削除できないことも多い」
親子で聞く講演として開催されましたが、親はまじめに聞いていなかったんでしょうね。

子ども部屋に決まりを貼るより、親にしっかり教育することの方が先なのかもしれませんね。
2014. 08. 09. (Sat) 06:31 さやさや [編集]

Re: その校長に聞いてみたい 

「ルールを決めて部屋に貼り出す!」
と言ったのは、校長先生ではなくて、
校長先生の後に話された人権教育推進員のおじさんです。
人権推進員は、元校長先生と聞きました。
定年後の受け皿になっているのでしょう。

このおじさんが、すでにガラパゴス化していると感じます。
今はゲーム機がネットにつながる時代だし、
携帯電話がゲーム機に代わろうとしている時代です。
残念ながらおじさんの理解を超えているのでしょう。
ディスカッションでも、年配の教師もこの件に関しては無言でした。
ついて行けていないというのが、正直なところと思います。

うちの学校でもNPOに頼んで親子で講座を受けましたが、
親子講座だと、どうしても子供向けになってしまいます。
与えるのは親ですから、本当は親に向けた強い指導が必要と感じました。
自分で使いこなせないものを、未熟な子どもに与えるな!と言いたいです。
「私はこういうことに疎くってー」
と言う母ほど、子どもにスマホを与え、自分もLINEに興じている気がします。



2014. 08. 09. (Sat) 15:28 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。