≪ 2017. 05 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017. 07 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

ムーミンママに学ぶ『心の育て方』 

本日、長崎原爆記念日です。
祈りを捧げ、平和を誓う日です。

もうひとつ!
本日、ムーミンの日だと言うのです。
しかも今年は、
トーベ・ヤンソンの生誕100年だそうです。


私は、いつも気になっている事があります。
ムーミンママのハンドバックには、
一体何が入っているのでしょうね?
私はあまり物を持ち歩かない人なので、
荷物の多い人の持ち物にはとても興味があります。


ムーミンママの事だから、
いざという時に持っていると、きっと助かる、
でもちょっとムダかなぁ〜
というものが入っているのでしょうか(笑)
それから、「しましまのキャラメル」!


「ムーミン谷の彗星」は、
第二次世界大戦終戦の翌年に出版されました。
ニョロニョロという奇妙な生き物は、
時代の大きなうねりを例えているのだと聞いたことがあります。
物語の後半、地球に彗星が衝突するというので、
ムーミン谷の仲間たちは洞窟へ引っ越しを始めます。
ママったら、そんな時でも
大きなももいろののデコレーションケーキを焼くのです。
もちろん、洞窟へ運びます。
他にも、どれほどの物を洞窟に運ばせたか知れません。
最後には湯船まで運んだんですから!
パパは、「湯船を何にするんだい?」と言うのですが、
ママは、「おろしたてなんですのよ」って。
よくある夫婦の会話ですよね(笑)
でも、その湯船が洞窟の穴を塞ぐのに偶然役立つのです。
ママって、やっぱりいつも正しい!(笑)
こうして、ムーミンママのおかげで、
ムーミン谷のみんなは助かりました。
そして、ちっともお腹を空かせることも、
寂しい思いをすることもなく済んだのです^ ^


物語に出てくるお母さんたちは、
子どもがお腹空いていないかばかり考えるものです。
いえいえ、現実のお母さんたちだって同じです。
きっと母という生き物は、本能みたいなところで、
お腹が空いていなくて寂しくなかったら、
なんとか元気でいられることを知っているのだと思います。

しっかりと食べて、元気をなくさなかったら、
きっと頑張れるはずですから。


きっと、今の日本の家族には、
そんなシンプルに大事なものが欠けている気がします。


『この子を失いたくない』という強い思いで、
親が子を抱きしめたら、
その子は生きる事をやめたりしないんじゃないかなぁ。
食事を与えるというのは、そういう思いを伝えることだから、
やっぱり愛情を込めたいよね。
親の愛情がきちんと届いている子どもは、
他人にひどい事をして傷つけ、
死に追いこむような事にならないんじゃないかなぁ。


「心の教育」とか言っても、
いちばんの心の支えのはずの家族の単位で、
しっかりした礎が作られていなかったら、
どんなに教育で教えようとしても、
上辺だけで、きちんと中まで沁み込んでいかないと思う。


母親というのは、
ご飯の心配して、おやつの事を考えて、
お弁当のおかずで頭を悩ませて、
子どもの寝顔にキスする時がいちばん幸せなものだから、
そんな日常にニョロニョロの如く踏み込んでくるPTAなんか、
日本の親子の敵でしかないのかもしれない。



応援ポチりはこちらですよ(^з^)-☆
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
関連記事
スポンサーサイト
2014. 08. 09. (Sat) 17:40  [まじ話コメント:2  トラックバック:0

コメント














管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014. 08. 09. (Sat) 18:25  [編集]

Re: 鍵コメ様 

佐世保の事件以来、「心の教育」について考えています。
学校の道徳も人権教育も、
しっかり時間をとってがんばっているにも関わらず効果がない!
というよりも、逆効果!と常々感じていました。
教育現場は、何か掛け違えているような気がしてなりません。

コメントありがとうございます。
この記事の背景を感じ取っていただいたようで、嬉しいです♪
2014. 08. 09. (Sat) 22:15 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。