≪ 2017. 09 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 11 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

「早期教育」と「心の教育」が生む悲劇 

佐世保事件後の教育委員会などから上がった声は、
意外にも、
「心の教育に力を尽くしてきたのに…今後どうしたら良いか解らない」
というものだった。

国立国会図書館子ども図書館のHPのページに、
『子どもと本をつなぐ人たちへ〜児童サービス基本図書リスト〜』
というものがある。
その中の
『幼児期:子どもは世界をどうつかむか(岡本夏木:著/岩波書店』

幼児期―子どもは世界をどうつかむか (岩波新書 新赤版 949)幼児期―子どもは世界をどうつかむか (岩波新書 新赤版 949)
(2005/05/20)
岡本 夏木

商品詳細を見る

にそのヒントが隠れているような気がする。


特に現代は、
保護者も教育者も、社会全体も、
早期教育に熱心だ。
本来、幼児期に経験するはずのことを、
脇に置きすぎていないだろうか。
また、子どもが遊ぶ環境も様変わりしていて、
どのようにすれば、豊かな子供時代が送れるのかも、
全く解らないようになってきているのは事実。
この辺りが、著者の云うところの
『幼児期の空洞化』に繋がっていくのだろう。


幼児期の体験は、
「生き方の基礎をどうつかむか」
に影響するようだ。


しかし、教育界は常に混乱をしている。
教育論を重ねても、
新たな教育法を提起しても、
どれもただの対症療法にしか見えない。
何か、本当に大事な
基本的なことが抜け落ちていないだろうか。


この混乱の中で、
先生たちも子どもたちも
右往左往させられているのが現実だ。
まだ未熟な子どもたちを育てる現場で、
このような混乱があって良いわけがない。
これでは、子どもの心が育たないのも仕方がない。
しかし、仕方ないでは済まされない。
子どもはやがて、大人になり、親になるのだ。


先日は、防衛大学校での『いじめ事件』が
今日は、消防学校での『いじめ事件』が
ニュースになっていた。
既に二十歳になろうかとする若者たちが!
驚きというより、不安な気持ちでいっぱいになる。


この本、教育専門家ならば、
1度は読まれていることだろうと思うが、
今一度、基本に立ち帰って読み返してもらいたいと思う。
果たして、「心の教育」などというもので、
子どもの心は、強くたくましく育つものだろうか。
形式的に上辺だけ取り繕ったようなものでは、
子どもの心に届くわけがない。届かないものは残らない。
残らないだけならまだいい。もしかしてそれが、
皮肉にも、逆の効果をしているとしたら…>_<


著者は、
「道徳」を「心」にすり替える試みほど
子どもの心をもてあそぶものはない。
と述べている。
私は、その心当たりが幾つも思い当たるが、
さて、世に中の人たちはどうだろう。


これはひょっとして、
私たち親は、PTAなんかやってる場合じゃないかもよヽ(´o`
もっとよく考えることがいっぱいあるかもしれない。
しかし、もしもPTAが心を入れ替えて、
学校の嫁を辞め、教育委員会の下請けを辞め、
主体性をもって活動できるなら話はちがう…(¬_¬)


PTAが任意であることを周知するために署名を集めています。
ご協力、おねがいしますm(_ _)m
署名につきましては名前を非表示にできます。
↓↓↓
チェンジ
キャンペーン/
文部科学省-ptaは任意であることの徹底周知と
ptaへの入会同意書の義務付け



ついでのポチりはこちら
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


関連記事
スポンサーサイト
2014. 08. 12. (Tue) 23:31  [雑感コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。