≪ 2017. 07 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 09 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

AERA読者の皆様へ 

先日の『小さな声を集められるはず』にあるコメントや、
その前の『大人のいじめ問題』にいただいたコメント、
他にも、あちこちのブログやTwitter上、他掲示板に、
PTAで起きている、いじめ被害と言っても過言ではない圧力を、
どこまで世間の人は知っているだろう。

雑誌「AERA」では、これまで5回に渡りPTA問題を取り上げられた。
例えばコレ☞PTA退会で校長室に呼び出し?
しかし、世間はどの程度関心を寄せただろうか。


「AERA」読者は、どこまでPTAの問題を
自分の生活に引き寄せて考えるだろうか。
まさかPTAが、
幼稚園のママ友グループのランチ会の延長だとは
考えていないだろうか。


PTAがそんなレベルならば、
付き合いきれなければ関わらなきゃいいだろう
と思っていたり、
親のくせして子どもの学校の手伝いくらい
ツベコベ言わずやればいいのに
と思っていないだろうか。


雑誌に載るような被害は、
稀にある特別な事と思っていないだろうか。


いや、実は私は、そう思っていた。
特に面白い部分を切り取って集めたのだと思っていた。
しかし、こうもあちこち津々浦々から似たような辛い経験を聞くと、
もしかして自分が知らないだけで、
身近にも似たようなひどい事は起きているかもしれない
と思った。
所詮人は、他人の事となると無関心で、
自分に被害が及ばないと気にも留めていないのだろう。
私も含めて。


ブログのコメントやTwitterなどから得た話は、
私が直に感じた「ナニコレー!?(・_・;?」よりもはるかに酷く、
実に笑えないものなのだ。


全国の「AERA」読者の皆様、
PTAの問題は、自分の娘、息子たち、孫たちが関わる問題です。
また、ご自身も地域社会で生きているのです。
会社を退職すれば、今より密接に関わるとも考えられませんか。
その時は、PTAと再び関わります。
PTAは、学校の中だけでなく、地域の仕事をも担わされています。
実はそれもあって、いっぱいいっぱいになっているのですから…



PTAが任意であることを周知するために署名を集めています。
ご協力、おねがいしますm(_ _)m
署名につきましては名前を非表示にできます。
チェンジ
キャンペーン/
文部科学省-ptaは任意であることの徹底周知と
ptaへの入会同意書の義務付け



ついでのポチりも、嬉しいです(^.^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


関連記事
スポンサーサイト
2014. 08. 22. (Fri) 23:58  [まじ話コメント:2  トラックバック:0

コメント














 

キヅキさま こんばんは!
こまめに記事更新してくださって
勇気! 元気!をいただいてます♪

そう、AERAに書かれていることは
そんなに珍しい話ではないと思います。
現実に、そこ、ここに転がっている話です。

AERAの読者層は、どちらかというと
主婦層ではなく、
サラリーマン(ワーキングマム含め)だと思うので
その異様さは記事をみてわかっていただけるはず!

ぜひ「これ、うちの学校のことですよね?」
と、AERAを学校に持っていって
まわりの人に話してほしいです!
2014. 08. 24. (Sun) 20:48 ガーラ [編集]

Re: ガーラさんへ 

夏休み、楽しんでいますか?
せっかく盛り上がってきたPTAへの関心が薄まるのが嫌で、
少し、頑張りました。
しかし、杵築市のような嬉しい動きがあったり、
ネタには困りませんでした。
静かですが、動いているはず。。。(希望)

PTAの中にいれば、「PTAあるある」でも、
社会からしたら、あり得ないような非常識。
信じられないかもしれません。
「完全に違法なのに、何故そんなことになるのか」
と夫も言うくらいですから、
関わらなくてはあの異様さは気づかれないと思います。
でも、中にいる人は異様とは思っていません。
むしろ正しく運営しているつもりです。
いわゆる中間層は、異様さには気づいていると思います。
ただ、指摘せずにパパッとこなしてササっと去るのが、
PTAとの正しい付き合い方と思われています。

PTAの滅茶苦茶ぶりに、世間がもっと気づいてほしいですね。
そっち方向に針が触れたら、中間層も正しい方へ動き出すのに。きっと。

そういう意味で、
AERA、もっとがんばれ!だし、
深読み、もっと掘り下げろ!と思います。

2014. 08. 24. (Sun) 23:54 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。