≪ 2017. 09 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 11 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

学校でのボランティア活動 

特に学校ボランティアにおいては、
活動の場が学校ということもあり、
受け入れる側(学校、教師)と
活動する側(保護者地域住民)との連携が不可欠だと感じる。
まず、学校というのは基本的に教育機関で、
児童生徒が勉強しに行く所だということを忘れてはならない。
学校は、先生方の仕事場であること、
先生方の仕事はやはり授業や学校行事、生徒指導と広範囲に及ぶということ。
ご自身の仕事のスキルアップのためにも励まれているはずということ。
それらの事も忘れてはいけない。
ボランティアだからといって、とても良い活動だからといって、
学校の基本は侵してはいけない。
とにかく、学校での時間をいただいて活動をしているのだと、
いつも謙虚な気持ちを忘れないようにしなくてはいけないと思う。


対して、(これはある先生の言葉だけれど)

教師は、
ボランティアに来てくれる保護者や地域の人々へ、
感謝する気持ちを忘れてはいけない。
その時間を子供たちと共有し、どう感じるか。
そんな気分を生徒たちにも味わわせたくはないのか。

と、その先生が、周りの先生に必ず話すのだそうだ。
とても心強い言葉だった。
ボランティアする側も、励みになる。


校長先生の話も、頷くところがたくさんあった。

生の声の大切さ。心のこもった言葉でないと生徒の耳には響かないということ。

長い教師生活の中で、いちばん大切と思ったということだ。


以上は、中学校での読み聞かせボランティアの交流会で聞いてきた話だ。


このボランティア活動は、PTAとは別組織で運営している。
学校の施設を使わせてもらっているけれど、学校からも独立性を保っている。
独立性が保たれたうえで、学校が協力をしてくれる。
だからこそ互いに感謝し合い、尊敬し合える関係でいられるのだろうと思う。


それと同様に、PTAも概ね上手くいっている。
まず、先生たちが参加している。
保護者と先生が対等に話し合いができる。
若干やりすぎじゃないか?と思う面もあるにはあるが、
その点とても評価している。
そんなわけで、
PTAの運営委員会(理事会)が、夜にあるのはとてもいやなのだけれど、
それも仕方がないかなぁと許容できるところだ。
自動入会や自動引き落としなど問題はあるのだけれど、
先生方と協力したり、情報交換できる点で、
有意義な活動をしているのだろうなぁ〜と思っている。
基本、私はPTA活動全般に魅力を感じられていないので、
そんなところだf^_^;)


少し前、つまり今の中P役員が小P役員だった頃、
小学校だって言うほどひどくはなかった。
小学校が特にひどくなったのは、ここ3年くらいのものだ。
いずれその波は中学校へ及ぶと思う。
どうにかして、阻止したいものだが…
そうなる前に、PTAが次のステップ
「任意加入を周知し自由入会とする」へ進んでいかないものだろうか。
任意加入となり、会員自らで立ち上げる活動となれば、
上の読み聞かせボランティアのように、良い活動ができると思う。


私は、この読み聞かせボランティアの会で、
とても良い経験をさせてもらっている。
この経験は、子どもたちへもささやかな影響を与えていると思うけれど、
それと同時に、私自身を育ててくれているような感覚がある。
PTAが目指したかったのは、そういうことではないのだろうか。



PTAが任意であることを周知するために署名を集めています。
ご協力、おねがいしますm(_ _)m
署名につきましては名前を非表示にできます。
チェンジ
キャンペーン/
文部科学省-ptaは任意であることの徹底周知と
ptaへの入会同意書の義務付け




ついでのポチりはこちらですm(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ

関連記事
スポンサーサイト
2014. 08. 28. (Thu) 15:53  [まじ話コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。