≪ 2017. 04 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 06 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

夏休みの親父は忙しい 

カブトムシがとうとう全滅してしまった。
ノコギリクワガタは、弱くて早くに亡くなられた。
オニクワガタとコクワガタは今だに健在だ。
今年の夏は、種類が豊富だった。
とにかく夏休みの間に、何かしら甲虫が手に入らないことには、
うちの親父は親父としての役目を果たさないような気がするのか、
機会あるごとに、子どもたちと虫捕りに行く。


子どもが小さかった時は私も付き合った虫捕りも、
長男が頼りになるようになって、この夏はお役御免にしてもらった。
男の子ばかりなので、女親の私は初めて知ることが多かった。
カブトムシやクワガタのいるところが、匂いで分かるなんてね。
「ほらほら、この匂い」など言われたって、
首を傾げているのは、何年経っても私ばかりだった。
子どもたちは直ぐに嗅ぎ分けるようになった。


子供の頃『昆虫博士』と親戚中からもて囃されていたらしい夫のおかげで、
我が家はカブトムシやクワガタを買ったことはない。
そしてこの子たちのおかげで、
この私までクワガタやセミの種類が見分けられるようになった。
すごい!すごい!すごいことと思うw
子どもの人数分、私ってば賢くなってるんじゃないだろうか(笑)


昨日末っ子から、
もしかしてメスが卵産んでいるんじゃないだろうか…
と本人はわくわくしながら話すのだった。
カブトムシの雌は、夏休みの終わり頃くらいに卵を生むそうだ。
(ああ、どうしましょう>_<と顔には出さない。)
カブトムシの雌は、100個くらい卵を生むとかなんとか。
(この数字、母はうろ覚えです(^^;;)
「楽しみだねー」
なんてわくわく顏で話を聞いていたが、実はちょっと…orz
どううじよう(¬_¬)
さらに、カブトムシの幼虫の、
オス、メスの見分け方をレエクチャーまで受けた。
わああい!またひとつ賢くなった〜〜( ´ ▽ ` ;;)


そんな、夏の終わりです。


さて、地域で『おやじの会』なんて
盛んにやっている人達がいらっしゃいます。
(ほんの一部です。)
最近の親父たちは、会なんか作って集まらないと、
親父になれないものなのでしょうか。
『おやじの会』って、なんなんでしょう?
そんなことよりも、
子ども会のお世話してくれた方がよっぽどいいのですが、
それは母たちまかせです。
実は、これが母たちの本音だと思います(小声)


夏休みが終わって、ぼちぼち気まぐれ更新になっていますが、
来てくださってありがとうございます。
ついでポチりなら、こちらでございます^o^
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


関連記事
スポンサーサイト
2014. 09. 15. (Mon) 14:12  [雑感コメント:2  トラックバック:0

コメント














確かに 

PTAのオヤジの会ではりきるぐらいなら、子ども会手伝ってくれ。

そうですね。PTAでは何かやってくれって求められていないけど、子ども会はしっかり「義務」っぽい仕事が用意されていますもんね。

わざわざ出番を作らなくてもいいくらいに忙しくなっているというのに、既存の出番はやはり魅力がないのでしょう。
だったらその出番はいらないと思うなぁ。


話は少しずれますが、うちの学校のオヤジの会は最初任意入会制をとりました。20人くらいの入会者がいました(200世帯規模)それなりに活動してましたが、3年目くらいにPTA(強制入会)入会者の男性保護者はオヤジの会に強制入会というふうに改悪されました。同時に活動は下火になりました。


オヤジの会ってまさにボランティアで「自分がやれる範囲でやりたいことをやる」活動だったから魅力があったようです。
強制にして義務化したら、やりたくなくてもやらなくてはいけなくなるから、途端にやる気が失せるんだよね。

世の父親はボランティア許されて、母親は自分の意志とは関係ない強制労働。母親に不満がたまるのも無理も無い。で、PTA牛耳ってる母親が「あんたたちもなんかやりなさいよ」ってなったのかなぁ。と勝手に想像しています。
2014. 09. 18. (Thu) 06:54 さやさや [編集]

Re: 確かに 

さやさやさんへ

レスコメ、遅れてごめんなさいm(_ _)m

働き方や家族の形態が様々になってきたなか、
PTAの運営がうまく回らなくなった。
PTAに男親も入りやすいようにすればもっと…
というところで「おやじの会」は出来たんだろうなぁ と思います。
「子どもの放課後作り」や、
「読み聞かせボランティア」と同じで、
最初は教育委員会からPTA経由で発端したのでしょう。

しかし、おやじ達は、
「縛られずに自由にやりたい」ので、
それを実際にやっているのだと思います。
教育委員会やPTAの思惑とずれているのかどうかは、
分からないですが。

うちはPTAが見限っているところがあって、
本当に勝手気ままに楽しくやっているみたいです。
まるで子どもみたいですw
おやじの会幹部がPTA男性名ばかり役員と重なっているので、
ま、自由にやっているみたいです。
PTAと子ども会、
別にやりたくもない活動に従事させられている母親の立場から見ると、
やっぱり「子供っぽさ」を感じてしまいます。
2014. 09. 22. (Mon) 09:16 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。