≪ 2017. 05 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017. 07 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

PTA捻れ問題ーー「基本」と「要件」 

「PTA入会は、任意加入ですか?」
と問い合わせれば、ちゃっかり、
「基本的に、任意入会です。」
と答える。
そして、
「ただし…」
とPTAのめざす理念を説明し、
「ご理解を…」
となる。


子ども会も同じで、
「子ども会は、任意加入ですよねぇ?」
と聞いてみると、
「子ども会は、基本的に任意加入です。」
だそうだ。
そんなことは知っている。
そしてまた同じく、
「ただし…」
と続く。


この「ただし…」が曲者。

基本は基本であって、実態は違うと言いたいのだ。


これは、「予定は未定」みたいに、
決まっているようで決まっていないけど、
「まぁ、気にするな。」
ってことでしょうか。


気になります。
気になっています。


基本的に任意加入ならば、任意加入だろうし、
基本的に任意なのに、実態が強制入会ならば、
これは許し難いことですよ。
だって、「任意加入」というのは、
「基本」というよりも、「要件」なのです。


なんだか「基本的に」が足を引っ張るぅ>_<
誤魔化されそうになるぅ>_<


もしかして、
「基本」のはずの「任意」をアレンジしたらば「強制」になるのかな?
まさかー( ̄▽ ̄)



来てくださってありがとうございます。
ついでのポチりなら、こちらでございます^o^
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


関連記事
スポンサーサイト
2014. 09. 16. (Tue) 22:11  [全般コメント:2  トラックバック:0

コメント














踏み込んでみました 

毎度のことながら、長文失礼します。

福岡県P連に電話掛けてみました。
「基本的に任意です」の言葉のあと、どんなに大切な活動であるかやはり説明されました。
「大切な活動であることは分りました。でも、私は金銭的に活動に参加できたとしても(会費を支払うことはできるが)実質的に活動することはできません。うちの単Pでは金銭面だけの活動は許されておりません。基本的に任意であるのならば、それを単Pに周知させ、参加しやすい活動を支援するのが県Pの役割では」
と突っ込んでみました。
「単Pのそれぞれの活動に口を出す立場にはありません。単Pへの苦情なら単Pに向けておっしゃるべきでは」
「とっくの昔に言っています。うちの単Pは任意団体であることも知りませんし、県P連も任意で入会するものと知りませんよ」
「その手の苦情はこちらでは取り扱っていません。教育委員会などから指導があれば別ですけど、今のところ何も言ってこないので問題ないと思います」

意地悪な私は県教育委員会にも電話してみました。
社会教育課課長直通電話です。
今までの経緯を話すと絶句していましたが、
「任意団体ですので、県P連にしろ、単Pにしろ、指導することはありません。あなたの苦情は単Pにすべきです」

結局、上納金で潤っている上部組織はこの集金システムを手放すことはないってことでしょう。だまっていれば破綻することのないシステムを「任意です」という一言でなくすなんてするわけないやろ、っていうことですね。

じゃ、単Pは?
「あなたみたいに活動できないなどという人は他にいない。みんな大変な中、やっている。あなただけできないということはありえない」
確認したわけではないのでこれは私の憶測ですが、うちの単P本部役員(運営委員会)は市P、県P(日P)に入らないと単Pとしての活動をゆるされないと思っています。広報、文化厚生などの委員会をもたないと上部Pに参加ができない、無理やりにでも活動をしなければ、上部Pに参加できない、本部役員の数も決まっていると思っています。
「別に、単Pだけで活動することも可能だし、委員会は必要に応じて作ればいいんですよ」
と言ったら、ポカンとしてました。
苦し紛れに「市Pから活動補助が出てます」と言ってましたが、10万円の上納金を納めて3万円のバックじゃ、7万円は市Pに入ってんでしょ。。
単Pでは1年間なんとかなれば次に渡せるとなってしまっているので、負の連鎖を引きずったままです。
昨年の会長にはいろいろ説明させてもらいましたが、今年の会長はあったこともありません。例年昨年の副会長が会長になるのですが、昨年の副会長は会長とともにこういった説明を聞いてきた方なので自分が会長になれば知らん振りできないと会長になることを拒否されました。で、新規で会長(1年任期)が決まり、昨年の副会長は今年の副会長になりました。彼は子どもが2人いますが、この副会長就任により、今後子ども2人が卒業するまでPTAの役員委員は一切引き受けなくてよくなります。
結局、何の改善もなされず、そればかりか、学習活動費として集金したお金をPTA会計に入れるというまさかの横流しまで今年から始めました。

非会員になりましたので、もう突っ込んで余計なエネルギーを使うのをやめることにしましたけど。
2014. 09. 16. (Tue) 23:35 さやさや [編集]

Re: 踏み込んでみました 

さやさやさんへ

いつもリアル体験談、ありがとうございます。

活動できない人が居ないなんて、
「活動できない」と言わせない、
言っても認めないでやってきてるだけじゃない?

どうしても活動できないで困っている人の話を聞いて、
その状況を踏まえて、折り合いつけることもできないで。
そういう細やかな対処が出来てから言ってもらいたい言葉ですね。

それと、「一人一役」も嫌いですが、
「一度役員やったからその後は免除」のルールも嫌いです。
役員やったもの同士で勝手に作ったルールですよね。
結局は、「みんなやりたくない」という所からのスタートしているんですね。
2014. 09. 17. (Wed) 20:17 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。