≪ 2017. 04 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 06 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

PTAは何のため? 

PTAとは、任意に組織された社会教育関係団体であるが、
社会教育関係団体の「関係」というのは、
「法人じゃないですよぉ」なつもりの「関係」らしいので、
誤解を招かないように伝えるならば、
PTAは、任意に加入する社会教育団体なのです。


社会教育とは、主体性をもって自主的に取り組むもので、
「教育」というと、何か指導を受けるようなやらされる感があるのだが、
自主的に取り組む原則からして、自ら学ぶことなのねン。
要するに、
文化サークルに通ったり、囲碁教室、英会話教室、テニススクール、、、と、
そんなような感覚の、
いわゆる生涯学習のひとつだと言ったら解ってもらえるかしらン。
そんな風に広義的に見ると、
「社会教育」とひと口に言っても、いろいろあるわけです。


でも、PTAで言うところの社会教育というと、
やはり、社会教育法が言わんとする社会教育だよね。
で、何をもってその社会教育かと言うと、
早い話が、学校でも家庭でもなく、社会で受ける教育。
つまり、学生でなくなって、社会人になってからの教育
学校で学べば、学校教育。
家庭で学べば、家庭教育。
企業で学べば、企業教育。
で、
社会で学べば、社会教育 ってね^_−☆


だから、PTAは何のため?
の答を、
「安全で楽しく学校生活を送るため」とすると、
社会人である
「保護者と教職員が相互に協力して、共に学び…」
というPTAの目的からズレてしまう。


主語が何かな?と考えると解りやすいのだけど、
学校生活を送るのは誰?と考えれば、
それは、児童、生徒だから、やはりズレている。
で、PTAの主体は、保護者や教職員である。
そして、PTAには、
「子どもたちの健全な育ちを図る」という教育法と同じ目的を持つので、
PTAで学ぶ題材としては、
「子どもたちの生活環境や、教育環境について」
が妥当なんじゃないかなぁ。
保護者の目、教師の目、職員の目、いろいろな職業や立場からの見方で、
考えたり、意見交換しながら学び合えたら、
それはきっと、子どもにとって、
安全で楽しい地域や学校環境が整えられると思うよねン。
理想だけどねー( ̄▽ ̄)


単純に、学校だけを安全で楽しくしたって、
そのこと自体、実現するのも難しいし、
そもそも、PTA自体が、
社会人として地域社会へ目を向けさせる
とか、
地域社会の基盤を作る家庭環境を整える
なんてものを目標にしているんだぁ〜なぁ〜〜〜


つづく


【参照記事】
大丈夫!「PTA役員をムリなく乗り切る」5つの心構え




気が向いたら、ポチり( ´ ▽ ` )ノ
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ




関連記事
スポンサーサイト

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。