≪ 2017. 09 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 11 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

一般財団法人で運営するタイプのPTA保険 

前記事に、PTA保険の形態が大まかに2つある事を紹介した。
ひとつは、安全互助会などと呼ばれる財団法人運営のものだ。

一般財団法人 鹿児島教育安全振興会のHPには、
その沿革が分かりやすく図で示されている。

ここに見るように、
昭和48年以降、県P連合下で運営していた
安全互助会(PTA管理下における災害保障)は、
例の保険業法改訂(平成18年)に伴い、
保険業として成り立たないために、手放さざるを得なくなった。
そのため、
県P子ども災害安全会(学校管理下における災害保障)に一旦移行したようだ。
そして、名称を、
「財団法人鹿児島県教育安全振興会」とした。
その後、平成24年に、
「PTA・青少年教育団体共済法及び保険法」が整備されて、
今の「一般財団法人鹿児島県教育安全振興会(以下、安全振興会)」となったようだ。

ここで注目したいのは、
この安全振興会は、鹿児島県PTA連合とは別団体であることだ。
というわけで、この安全振興会へ入会すると、
会費の中に共済掛金が含む形となっている。
PTA絶対加入を軸に考えると、
「なんだよ(ーー;) P連と安全振興会と両方会費を払うのかよ(ーー;)」
と思ってしまう。


しかし、PTAに入会しないとしても、
この安全振興会へは加入出来るという仕組みと受け取れる。
この安全振興会へ加入すると、
PTA管理下での行事、学校管理下での行事、
両方を補償するし、PTA会員以外にも補償が及ぶことになる。
と言っても、個人の通院、入院に対しては、あくまで見舞金である。
しかし、見舞金というのは、保険金の払戻しとは違うので、
もしかしたら、
個人的に加入している医療保険などと併用する事が出来るのかもしれない。
しかし、見舞金て、いくらだろうか???


この団体、P連と分離しているとはいえ、
P連と助成という形でしっかりタッグを組んでいる。
P連のふたつ目の財布と言っても過言ではなさそうだ。
それに「災害に際して共済金を支払う」とあるだけで、
その内容も分からないから、大してあてに出来ないのか。
片方にのみ加入する事は可能とはいえ、
知らず知らずに、両方加入するというか集金されちゃうんだろうな。
個人から見るとPTAという枠の中に2団体あり、
2口会費を支払っているような感じがするだろうな。
単P執行部も、上部団体が2団体あるような感じかなぁ。
重いね(-_-)


さて、
このHP上では、事業計画や予算、決算の報告がされている。
災害に際して支払う共済金の額は分からないけどね(¬_¬)
どうやら、財団法人と冠が付くと大体この報告があるようだ。
これは、財団法人として義務付けされているものなのだろう。

一方、P連が保険会社と団体契約している形態の場合は、
この報告がない。
義務付けがないからなのだろう。

ついでに言うと、保険会社と団体契約している場合は、
保険商品のため、見舞金という言い方をしないで、
通常の保険商品と同じなように保険金と呼ぶ。
よって、もしかしたら、
額によっては医療保険との併用が効かないのではないか。
と言っても、PTA保険につく補償額は僅かなので、
個人で持っている医療保険から払戻しをした方が効率が良いよなぁと思う。
すると、
「誰がP保険の払戻しを依頼するものか、するわけないだろ(-。-;」
と思ってしまう。


と、このように、
P連毎に仕組みが違うので、今後もゆっくりだが、少しずつ調べてみたいと思う。


【参考文献】
一般財団法人鹿児島県PTA安全振興会>あゆみ
http://www.kago-anzen.net/shinkoukai/ayumi.html



応援してくださると、励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ
関連記事
スポンサーサイト
2015. 06. 13. (Sat) 22:30  [PTA保険の勉強コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。