≪ 2017. 04 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 06 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

財団法人全国PTA協会はなぜ設立されたのか? 

前記事に、一般財団法人による運営のPTA保険について書いたが、
その前身である財団法人はその事業内容から考えて、
財団法人全国PTA協会の下部団体ではないかと考えられます。

公益社団法人日本PTA全国協議会のHPにある『PTAの歩み』によると、
財団法人全国PTA協会は、昭和37年に設立されたようです。
その表向きの目的は、
PTAという社会教育団体を民間からも支援したいだそうです。ヘェ〜( ̄▽ ̄)
社会教育法は、当初、行政が社会教育団体に補助をするのを禁止していたが、
これが改正されて、昭和35年から文部省が『社会教育関係団体補助金』を設立し、
PTAを含む社会教育関係団体を援助するようになったんだと。
おかげで、今夜もPTAで人権教育について講習受けてきますよ、私(-。-;


さて、この部分を読むと、
まるで、日本PTA協議会の前身が財団法人PTAであるかのようなのだが、
どうも、そうではないようです。
日本PTA協会(社団法人)は、それ以前から組織されていて、
それとは別にこの財団法人全国PTA協会が設立されたみたいなのです。



この設立にあたり、当時の国会でのやり取りが残っていました。
これは、以前、コメント欄にて教えてもらったものですが、
やっと、記事にして投稿するに至りました。
と言っても、今日はまだ半分です。
興味がある方は、
この記事の最後の方にアドレスを紹介していますので、どうぞ。


では、そこに紹介されている当時の新聞記事が興味深かったので、
今日は、その部分だけを以下に抜粋します。





●昭和37年5月2日 / 朝日新聞
『参院選各党派の準備整う』
日本PTAにてこ入れしてPTA全国協会をつくる
という企画を自民党の全国組織委員会が立てたという記事。


●昭和37年7月23日 / 読売新聞
『PTA協会を組織、自民日教組の対抗策に』
“自民党は、参議選の終了を機に、
全国的な党組織の強化を進めているが、その一環として
全国のPTA関係役員有志を一丸とした日本PTA協会(仮称)
を設立することを内定”
“設立を推進しているのは党全国組織委員会(小川中次委員長)で、
同委員会のキモいりですでに関係者が数回にわたって会合、
着々と準備を進めている”


●昭和37年7月27日 / 読売新聞
読者の投書の欄「気流」
『不明朗な日本PTA協』という見出し


●昭和37年7月28日 / 産経新聞
『PTA協会九月に結成・日教組へ対抗組織』
7月23日の読売と記事の中身は同じ


●昭和37年8月2日 / 朝日新聞 「声」の欄に
『逆丹頂の独断』という見出しでこれを書いている。


●昭和8月27日 / 読売新聞 夕刊
『PTAと新団体設立』


●昭和37年8月31日 / 日本教育新聞
『PTA協会構想白紙へ、別建てで新組織』


●昭和37年9月11日 / 読売新聞
『教育の偏向を是正、自民支援十七日に発起人会』


●昭和37年9月15日 / 日本週報
『教育界の小型台風PTA、政治にまきこまれた父兄たち』


●昭和37年11月23日 / 産経新聞
『全国PTA協会、日協組の対抗組織、自民が全面的に後押し』


●昭和37年12月4日 / 読売新聞
『一月に発足の運び、新PTA協会、自民、積極支援』
自民党が積極的に支援をして日本PTA協議会の分裂をはかって、
新PTA協会というものをつくるという


●昭和37年12月8日 / 読売新聞 夕刊
『すべり出す新PTA、効果認める自民党』


●昭和12月25日 / 時事 内外教育版
『PTAの中立性』という論文
自民党、文部省の陰謀については直接は触れず。
PTAは教育的に中立でなければならぬ、
政治的に中立でなければならぬ、政党の介入は間違いだ
これはPTAの役員の書いた論説。


●昭和37年12月29日 / 産経新聞
『PTA協会設立に認可、日教組のブレーキ役』


●昭和38年1月4日 / 朝日新聞
『自民も人づくり推進』
自民党の息のかかったPTA協会をつくり、そうしてあわよくば選挙に役立てる。

●昭和38年1月6日 / 週刊現代
『第二PTAに主婦の声、人づくりブームに政治はイヤ』
自民党と今日の文部省に対する反撃の論文。


●昭和38年1月11日 / 国民協会
『近く設立総会開く、財団法人全国PTA協会、親たちも大よろこび』


●昭和38年3月15日特大号 / 日本週報
『千八百万人の会員』
“子どもの幸わせを願う父兄と教師の集団……
PTAにいま大分裂のあらしが吹きすさんでいる。
ことの起こりは財政不如意のPTAに自民党がヒモをつけようとしたことにあるのだが、
背景には文部省のお役人のスキャンダルあり、権力争いあり、陰謀あり、
教育団体とはいえぬ醜い面をさらけ出している。一体これでPTAはいいのだろうか?”




以上のように、
「“政党のひもつき、日教組のブレーキ役、あわよくば選挙にも利用する”
そういうねらいでこのPTA協会がつくられた。」
と、当時の新聞が指摘をし、それを挙げて議論がされています。


この頃だいぶ、
新聞、メディア等々で『PTA問題』が取り上げられるようになってきましたが、
過去にも何度か問題に取り上げられてきたようです。
本当にPTAってしぶとくて、いやんなるわぁ〜ってことで、
つづく。。。



参考文献
第043回国会 文教委員会 第17号昭和三十八年五月二十四日
http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/043/0462/04305240462017c.html

公益社団法人日本PTA全国協議会のHP>『PTAの歩み』>2章>2節 PTAの新たな役割の模索
http://nippon-pta.or.jp/n-pta-content/uploads/2014/12/2-2-2.pdf

CH!PTA>PTAの歴史
http://change2014pta.web.fc2.com/menu3.html#pageLink10




ここまで読んでくださってありがとうございます。
応援のポチに励まされています。
👇
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


関連記事
スポンサーサイト
2015. 06. 15. (Mon) 17:46  [過去を遡ると…コメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。