≪ 2017. 07 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 09 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

人権教育のVが着地困難で結局は作り手の偏見を匂わせてしまっているorz 

成人教育委員会は、人権教育研修を受けるのが活動のひとつのように言われ続け、
誰もが、それを望む望まないに関わらず、受けなければならないと信じきって、
不平も不満も口に出さず、
本来ならば家族で夕食をとっているであろう、
謂わば一家団欒の時間に集まり、その面白くもない話を聞くのでしたorz


毎年同じ内容です。
ある人は2度目、またある人は3度目というその研修会。
と言ってもほとんどは映像テキストを見るだけなのです。

ならばせめて、テーマを選ばせてくださらないかと思うのは私だけでしょうか。

しかし、何度見ても、しっくり来ないVなのでした。



その毎回同じという研修会のテーマは、
江戸時代の身分制度「士農工商・えたひにん」についてです。


まずひとつには、

江戸幕府がそのような身分制度を作ったと言われているが、
実際にはそのような身分制度を強いた文献が残っていない。


というのです。

ヘェーーー( ゚д゚)

そう言いながらも、映像テキストでは、

えたひにんと呼ばれる人々は、貧乏ではなかった。
中には旗本大名クラスの資産を持つ裕福な人が居て、
沢山の人々を雇い入れ、独自のルールでもって自分たちの社会を作り上げていた。

というのです。

要するに、

皆さん〜、えたひにんは貧乏と思っているでしょ〜?
でも違ったんですよ〜( ´θ`)ノ

というところでしょう。


しかし、思うに、
その裕福で沢山の同じ身分の人々を牛耳り、
一般の人々がしないような仕事をして、
一般の人々とは交わらず、
独自のルール、組織体系をもって暮らしていた人々というのは、

もしかしたら、

今で言うところの●●組で知られる●●団(・・?)




やっぱり、何が言いたいのか分からなくなりました(*_*)


ふたつめには、
「士農工商・えたひにん」という身分制度を、
江戸幕府は作っていないと言いつつ、
それは中世からあったというのです。

なんだ、やっぱりあったの( ゚д゚)⁈

その人々は特殊な技能(竹細工や革細工など)を持っていたそうです。

というと、身分分けというより職種分けですよね。


職種による差別というのはあるだろう。
しかし、いろいろある職に対し、
尊敬するしない、差別するしない、
が出てくるのは、世の常ではなかろうか。
そういう偏ったものの見方を、
平らにならそうというのが人権教育なのであろうけれど、
この話の流れによると、御用職人と呼ばれる人々は、
大方がえたひにん(一般市民ではない)と呼ばれる人たち?と思ったのです。

この理論で、無理やりに
「差別をやめましょう」
と言うのは、製作側に
偏見意識がありませんかぁ(¬_¬)
と思わざるを得ないのです。


みっつめに、
下剋上の終結後行われた刀狩やその後作った宗門改帳などにより、
人々は仕事や宗派を勝手に変えることができなくなったというのです。
つまり世襲制が始まるのですね。


この辺で、この映像テキストは佳境に入るのですが、
どういうわけか、
最初は身分制度など敷いていなかったという話だったのに、
えたひにんの家に生まれた事を悔やむ人の言葉が紹介されるのです。

なんでもこの人、優れた庭師だったようですが、
その家に生まれた事を大変悔やんでいる模様です。
しかし、これは、
仕事を含めて家を継ぐのが当たり前だった時代にも、今の世にもある、
自由を求める若者の叫びのように感じます。
家が重い。世襲が重い。親が重い。というような。
自分にはもっと相応しい仕事があるかもしれない。
もっと違う生き方を選びたい。
人の成長過程で誰もが通る葛藤なのではないでしょうか。
親の敷いたレールの上を走るしかない、
抗うことのできない自分の運命への反発心というのは、
どの時代の若者でもあったのではないかと思うのです。


それを引っ張り出して、まるで、
この若者がえたひにんの家に生まれたことを憂いているような論調に
仕立てたこのVには、やはり製作者の歪んだ意図が伺えてならないです。
この若者も、自分の記した手紙か何かが、
時代を越えて、勝手な大人の解釈に晒されて、気の毒なものです。


えたひにんが身分制度ではなかった。
貧乏ではなかった。
むしろ裕福だった。
社会に貢献して尊敬されていた。
そんな話の後にこれでは、
一体何を言いたいのか…前後の辻褄が合わないのです。


このVを作った人は、
えたひにんは差別されていた。
偏見の目に晒されていた。
身分制度によりそこから抜け出せなかった。
それでこの若者は辛い想いをしている。
と言いたいようです。



おまけに、江戸時代に、このえたひにんと呼ばれる人々が、
その生い立ちや辛い状況に耐えかねて、
一揆を起こしたと、その資料をぶっこんでくるわけですが、
いよいよ最初と最後がひっくり返ってしまうのです。


はじめは、
江戸時代には士農工商・えたひにんという身分制度はなかった。
後には、
えたひにん呼ばれる人々がその状況に耐えかねて一揆を起こしている。
と、
論旨がまったくチグハグです。
着地したいのはどこなのでしょうか( ? _ ? )


最後に、その身分制度を明治政府が撤廃したと言うのです。
(身分制度は無かったと言ってなかったっけ?)
税金を課すのが目的だったと言います。
えたひにんと呼ばれる人々は、江戸時代、
年貢を納める義務を負っていなかったのでしょうね。
幕府や大名につかえ、
社会において無くてはならないような仕事を任されていた。
または、文化、芸術のような、
ある種生産性(実用性という意味での)を持たぬ職に就いていた。
それで、町民でも農民でもない。
よって五人組に加わっていない。
今で言うところの町内会に入っていないのと同じです。
「町内会に入らないで、
ゴミ当番やパトロール当番に加わらない人々を許せない(怒)」
と言う人々が今の時代にもいます。
そう思わない人々ももちろんいます。


結局のところ、
教科書の内容はその時代の国の政策により変わるものです。
私たちの時代に教わった、
ピラミッド型の「士農工商・えたひにん」の図は、
今は歴史解釈が変わったというので、
士農工商とえたひにんが同列に描かれいるそうです。
歴史解釈も時代毎に変わるでしょう。
しかし、公教育においての教育テキスト(教科書)が、
国の政策により書き換えられる事を、私たちは忘れてはなりません。


またこのV(映像テキスト)は、人権教育を目的にしているので、
最後には「差別をやめましょうね」と収めなくてはなりません。
その意図でもって作ろうとすると、
結局は、事実を伝えるだけでは満足せず、端々に、
「このような偏見がありました。対象者はこのように苦しんでいました。」
を匂わせなければ成立しないのでしょう。
(そうとは思えませんが…)

「身分制度はありませんでした。歴史解釈が違っていました。」
と始めたにも関わらず、
作り手の偏見がいっぱい盛り込まれた形になってしまっています。
まったく残念な人権教育テキストでした。




にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



関連記事
スポンサーサイト
2015. 06. 24. (Wed) 10:18  [成人教育委員会コメント:6  トラックバック:0

コメント














PTAと一緒やん 

最近我が家では「なに?そのPTAみたいなやり方」とか「PTAみたいなことすんな!」と姑息でずるいやり方をしたときに言っています(笑)

身分制度ってインドなんかだと本当にしっかり「制度」になっていて、うぅん、と思うのだけど、日本の士農工商にしても、ほとんどは「なんとなくランク付け」になるんじゃないですかねぇ。

現代の社会でもそりゃお金さえ出せばどこにでも行けるけど、福岡に住んでいる貧乏人が月1でディズニーランドに行くなんて事は出来ないし、一晩で10万円もかかるような飲食店にそうそう行くことはできません。
持っているお金でちゃんとランク付けされています。

人が集まればラベリングして「私の方が上」って思ったりするのは人間の性のような気がします。良いか悪いかは別として。


PTAも同じかなぁ。
本部役員は「会長」「副会長」なんて役職がついているけど、別の見方をすれば「ただの保護者」なんですよね。
PTAの中ではエライのかもしれないけど、一般社会ではなんの権限もないわけです。

士農工商のシステムの中で「エライ」「エラくない」ってやってるのを「えた・ひにん」とされた人は「何やってんの?あの人たち」ぐらいに見ていたのかもしれませんね。
PTA会員が士農工商だとすると、えた・ひにんは非会員といったところかな。
ほっといてくれたら別にどうでもよかったんですよね。
それを「保護者は全員PTA会員です」みたいに「平等です」なんて言っちゃったから、もともと士農工商だった人たちが「あいつらを人として認めるのはどうかと」と差別を始めちゃったのかと。

だからね。何かしら集まるとこのような人権問題が発生する場合があります。みなさんがご存知のところの部落差別などはこのようにして発生しました。私たちは先人、歴史から学んでこのような人権問題が発生しないように努力しなくてはいけません。
身近なところで言うとPTA活動などがあります。
どうか適正に、問題が起こらないように運営してください。

って、まとめて欲しいなぁ。ぜひ。
2015. 06. 24. (Wed) 12:52 さやさや [編集]

Re: PTAと一緒やん 

🔹さやさやさんへ🔹

そうなんですよ!
そういう思考が差別を生んでるってことですよ。
私たちのいちばん身近なものだと、PTAね(¬_¬)
PTAお得意の「みんな公平に」や「負担を平等に分け合いましょう」というのが、
他者を認めていないし、多様性にも目が向いていない。
しかも、そのPTA的思考が、
多様性を認め合う方向へ進むのを押しとどめているようにすら感じるのです。
町内会、子供会も同じ。

そして、当のPTAで、また思考停止させるようなこの研修をしています。
研修会、勉強会というのは、思考や関心をもっと深くするとか、
押し広げるようなものであってほしいです。

しかし、ちょっと悔しいですよ(笑)
「人権教育をやるならまずPTA問題の解決だ(^o^)/」
と言いたかったの、ワタシもσ(^_^;)
さやさやさんに先に言われちゃった〜(笑)


次の研修では、もっと身近な差別について勉強をします。
身近な差別ねー(¬_¬)PTAだねえー(¬_¬)
と、去年も機会ある毎にアンケートに書いていましたが、
なかなかPTAでの人権研修で「PTA問題」が取り上げられません(つД`)

2015. 06. 24. (Wed) 15:38 キヅキ [編集]

島崎藤村 「破戒」が難しかった。 

キヅキさん、こんばんは。

人権教育って、簡単ではないと思います。
本当に、「実のある教育」にしたかったら
そんなとってつけたような、唐突なテーマではなくて
実際の日々の生活上でのエチケット集みたいな
ものを紹介する方が、お役立ちだと思います。

そういう意味でも、さやさやさんの仰るような
身近な例題こそ、勉強する意義があるし、
出席者もやる気が出ようかというもの、ですよね?

学生時代に、名作といわれる「破戒」を読みましたが、全然、身近にそういう例が思い当たらずに
もうひとつ、切なさが理解できないまま、未消化でした。藤村でさえ、事前知識のないものが読むと
難しいのに、悪いけど、PTAの動員なんかアテにしている「せんせい」の講演が、なんぼのもんか?(失礼、汗。)

なんで、PTAの企画が、一般受けしないかというと(爆)
そもそも、企画が、一般受けしようという意図を
もっていなからでしょう。(笑)

PTAを手下として使う(笑)上部団体が、
なんらかの企画をぶち上げて、実質的な活動をしたというアリバイ作りのために利用されているから、
と思えます。ほらね。一応、わたしらも、働いてますよ、という言い訳作り。

もう、うちの子達なんか、彼女とデートするヒマも
ないほど、働かされて税金を搾り取られているんだから、くだらない事で、税金使わないで欲しいな。

お陰で、デートも出来ない→結婚できない
→子供も出来ない→人口減少→税金UP→一巡して
仕事が忙しくてデートも出来ないに戻る。

になっています。(笑)



2015. 06. 27. (Sat) 00:04 minmin [編集]

Re: 島崎藤村 「破戒」が難しかった。 

🔹minminさんへ🔹

上部団体のアリバイ作りというのは、ものすご〜く同感です。
また、やり方があからさますぎます。
こちらの意思を問わないで、勝手に計画されて、
「この計画書を提出ください」って、
当たり前みたいに、悪びれもせず言うんです。
挙げ句の果ては、「もっと計画を前倒してください」
と注文がくるんですよ。
開いた口がふさがらないでしょ?


今年の就職戦線は売り手市場とニュースで言っていましたが、
実際、その中身は、使い捨て?と思しきものが多いと聞きました。
合理化とか効率化は、人を駒のように操るものではないのに。。。
今、若い人を育てないでは、将来は無い気がします。
日本は、欧米とは別の意味で
個人がしっかりしていなくちゃいけないようです。


先の人権研修の講師は、全員が退職した元校長先生のはずです。
他に公立の社会教育機関の館長さんもそうなんですよ。
教育委員会で決めて、下に実施を指示すれば、
何の苦労もなくアリバイが出来る。
そんな仕組みですよね。
PTAはまんまと利用されているだけですよね。


PTAが理念を持って活動し続けたいなら、
学校に従属していてはダメだと思います。
特にお金は、別で管理して言いなりにならないようにしないと。
でも、PTAにそのようなしっかりした方針も無いようだから、
やっぱりいらないや(笑)
2015. 06. 28. (Sun) 08:21 キヅキ [編集]

そんなV初めて聞いた・・・@@ 

 こんばんわ。
 面白くてつい読んでしまいます。
 PTAカースト制、聞くところでは家の学校も10年位前まで会長>副会長>・・・という身分性があったみたいです。が、うちの子が入学するちょい前に改革? 的な会長が出てPTA本部役員は押し並べて平等等言うか、皆さん同じ保護者で、会社の上司でもなきゃ部下でもない。PTAという役員の仲間で対等な立場でたまたま役職が付いただけ、会長が偉いとか広報が下だとか全くないよ~という思想の素、今じゃママ会状態で楽しく仕事してます(たまに?? な発言する方も出ますが)。昔の話とか聞くと、役職と自分の地位をはき違えて発言されている方が多いって事なんでしょうね。主人の役職がそのまま奥様の身分見たいな。別に奥さんに役職関係ないけど、役職上の人が無意味に威張ってるイメージかな。
 今の会長なんて率先して挨拶してくださり、皆さんに声かけして一番腰が低い。役員仕事同じするなら楽しまなきゃ損、と言うかんじです。お蔭で沢山の素敵なママ友にも出会えました。
 会長さんのカラー一つでPTAの雰囲気はガラッと変わると思います。
>姑息でずるいやり方 PTA
 は笑ってしまいましたが、どっちかと言うと学校側(教師の対応が酷い)の対応がそれに近いですね、家の学校。
 逆にPTAは正面から行きます。学校より先に動くし、家の学校の評判PTAで持ってる気がするほど。
 学校側を立てつつ、子供の為になるなら学校側と対等に折衝して、学校が動かないならこちらでやりましょうと。
 例として、震災後直ぐに備蓄食料と飲用水を用意し確保。1年後一部校舎の上水道管が壊れ飲用水が不通になり、早速備蓄飲用水が活用された。ということがありました。
 家の実家(ど田舎)のPTAの話と比べたら雲泥の差でビックリでしたが、こちらのサイトを読むとカースト制が未だにあるのが主流? とビックリです。

 ちなみにえたひにん、の部落Vは昔ミヤコ蝶々(ご存知ですか)が部落に嫁に行き苦労したが今は幸せ、的なドラマを見せられた事があります。
 子供心にこんな差別があるなんて、知らなきゃよかったと思いました。
 詳しく知らなきゃ差別もしないと思うのですが。その人そうよ、と言われたところで、その人が良い人で友人なら「だから何?」で全く気にしないでしょうし。
 >人権教育のVが着地困難で結局は作り手の偏見を匂わせてしまっている
 偏見持ってる人が作るとこうなるって見本でしょうね(><
 人種差別に似た臭いがします。
 結局優位に立っている人たちは下の身分を作り安心したいんだと。私は偉いんだと確認してる。
 だから下にもその下を作り、自分の地位をつくって安心したい。
 子供にもいますよね。他の子を見下して優位に立とうとする子。
 私はそういう身分とか役職にすがって地位を維持しないと安心できない人は自分が無い人だと思ってます。所謂アイデンティティが無い。自分が不安でしょうがない人。自身が無い人。だから役職や身分に縋り付く。それが無くなると誰にも相手にしてもらえないかもしれない、という不安から権力握ったら威張っちゃう。逆効果なのにね。

 ちなみにイギリス、オーストラリア、多分ニュージーランドもブルーカラー(労働者階級)とホワイトカラーで差別ではなく区別されてます。
 差別と区別をごちゃごちゃにしてるのが日本社会の様な気がしますね。差別に対して異常に神経使ってる。別けると全て差別的に感じちゃう。差別アレルギー。
 一回リセットして差別と区別をちゃんと区別すりゃいいのに。
 
 
 
 
2015. 07. 05. (Sun) 02:26 年上女房 [編集]

Re: そんなV初めて聞いた・・・@@ 

🔹年上女房さんへ🔹

いろいろ読んでくださり、ありがとうございます^ ^

年上女房さんのところのPTAは、なんだか理想的だなぁと思いました。
自立しているし、学校と対等だし、
学校というより子どもの環境全体に目が届いているのが素晴らしいですね。
改革派の会長さんのおかげでしょうか。
実際、学校も校長先生次第で随分雰囲気が変わりますし、
PTAだって、会社だって同じですよね。
いろいろな事がよく解っていらっしゃる会長さんが、
気持ちよく活動をリードし、
他役員の皆様がしっかり支えて来られた賜物でしょうね。
ほんと、羨ましいです。

ミヤコ蝶々さんは、知っていますよf^_^;
でもそのVは見たことないです。
日本でも、青色申告、白色申告とありますよね。
人権教育や道徳の授業で、
差別と区別を履き違えているところは大いにあるかも。
というより、差別はいけませんと言うために、
無理に差別を作っているような気もします。
確かにいろいろな差別が知らないだけであるのでしょう。
その事実を知る事は大事と思います。
それを1つ取り上げて、
「ほら、これが差別ですよ。」と言われてもピンときません。
差別を受けた人が「それは理不尽じゃないか!」と抗議できたり、
その事を、平たい心で受け止められる大人がちゃんといたり、
差別を見た人が「それは間違ってるよ」と声をあげたりできる方がいいですよね。
大人もこれから大人になる子どもたちも、
自分の意見を言えたり、自分の考えをしっかり持ったりする力を
しっかりつけていかないといけないと思います。

私も、ブログで書くほどには、周辺で意見を言えていないので…。
やっぱり、右に倣っておこうとか、
悪目立ちはするまいとか考えちゃうんですよね(^^;;
2015. 07. 05. (Sun) 18:59 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。