≪ 2017. 05 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017. 07 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

地域行事もPTA頼み 

超情報化社会となり、
いつでも、どこででも、どこへでも、
インターネットを介してアクセス出来るようになり、
欲しいものがいつでも便利に手に入るようにもなった。
働き方も、働く時間帯も様々となった。

そこで、子どもたちの環境をどう健やかな状態で保つかと考える時に、
これまでの、家庭、学校、地域の三位一体では、
機能しなくなってきている現実がある。


家庭は極めて小単位となっている。
両親が揃っているとも限らない。
母親が専業主婦なんていうのは珍しい。
必ずしも、家族揃って夕餉を囲むわけではない。
それに、全世帯が日本人とも限らない。
自治会も、PTAも、
これまでのやり方を考え直さなければならない時期は、
当に過ぎていると思う。
少し前なら、
家庭と学校と地域が三位一体となり、
地域の安全や子どもの健全育成を守りましょう
で良かった。
だが、もう今は、家庭、学校、地域の三位一体ではなく、
それに代わる機関が必要なのだ。
それぞれが抱えている問題が多すぎて、
それぞれが複雑化しすぎている。

このようなことは、既に行政も見越して、
そのため町世話人制度は廃止され、
代わって自治協議会が発足したのではないか。
しかし、それが機能していない。

形ばかり整えても、機能していなければ、逆に弊害があると思う。
発信していても、伝わるように伝えなければ、
理解されず、機能しやしないと思う。
そして、自治協議会の運営を、
それまであった町世話人に丸投げしていても、
結局は、以前と変わらない。
形態が変わっているので、
上手くいかず、結果、皆が幸せではない。

具体的に言うと、
世話役をしている人々は、
「誰も協力的でない」と不満を持つ。
当番だの動員だのでしか、協力を集めることなど不可能と考える。
そう考えている限り、不可能に違いない。
すると、その半強制的なやり方に対し、住民から不満が出る。
自治会のいろいろな行事や事業に必要なマンパワーも参加者も、
周知しやすいその地域の公立学校頼みとなる。
つまり、PTA頼みである。
住民の方は、PTAに所属する間中、当番や動員に駆り出され続ける。
そして嫌気がさす。PTAから解放された後は知らん顔となる。
すると、世話役になる人は、「誰も協力的でない」と不満を溜め込む。
こんな風に、ぐるぐる、ぐるぐると、この繰り返しではないか。


「家庭、学校、地域の三位一体が大切だから、自治協議会がある」
のではなく、
「社会の変化に伴って、
それに代わる機関として自治協議会という機関が出来た」
と理解しないと、
この負のスパイラルは永遠に繰り返し、
深みにはまること間違いなしと思う。
それは、決して、子どもたちの健やかな育ちには良い影響を及ぼさない。
そして、間違いなく、地域の安全にも良いことにならないと思う。



更新の励みになりますので、
ポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



関連記事
スポンサーサイト

コメント














協働のまちづくりで三位一体をやらされそうでいますが… 

私の住んでる岩手県なんて家庭・地域・学校の三位一体で児童生徒の教育環境整備と教育活動そのものをやっていこうという官製運動「教育振興運動」が50年前からあって、近年叫ばれてる「協働のまちづくり」はそれにのっかってやろうとしているんだけど、地域と子育て世代は乖離してしまってるし、親にとっても学校にとっても実践発表会に駆り出されるだけの迷惑運動になっている教育振興運動なんてPTA役員と管理職教員しか知らないでいるし、協働のまちづくりなんて学校もPTAも距離を置きたがっているのが実情なんですよねぇ
2016. 03. 01. (Tue) 09:47 Mr.Peki-chan [編集]

Re: 協働のまちづくりで三位一体をやらされそうでいますが… 

🔹Mr.Peki-chan さんへ🔹

コメントありがとうございます。
コメント頂いたおかげで、改めて自分の記事を読んだところです。

最近、
保育園が足りないと同時に保育の質の問題も取り沙汰されていますね。
介護施設の問題も同じですよね。
それらの根本的問題は、
「保育士や介護福祉士の社会的地位が確立されていないことじゃないか」
と、ちょうど今、考えていたところでした。
それで、Peki-chanさんの言われてる「教育振興運動」も似たところがあるなぁと思ったんです。
●●振興運動や、●●推進運動など、数えたらきりがないほどあるんでしょうね。
でも、結局、関わっている人たちだけが何かやっているにすぎない印象です。
PTAも同じですよね。
だからといって、PTAみたいに全員参加にするのは全く見当違いです。
大切なのは、活動ではなくて、個々に考えてもらうことと思うのです。
個々に考えて、身近なところで語り合うようになれば、それが振興じゃないかと。
それなのに、なぜだか「振興」の旗を身内でばかり大きく振っているばかりですよね。
広がるわけがないですよね。
2016. 03. 02. (Wed) 11:38 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。