≪ 2017. 07 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 09 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

他人の声に耳を傾けないPTAの脇で子どもの問題は山積みのまま 

「子どもの心が育っていない」
もう何年も言われてきている話だが、
実際の子育て中の親たちや祖父母たちには、
どれほど浸透しているだろうか。


サイレントベイビーの問題が警鐘されても尚、
問題は大きくなるばかり。
そして今や大きく膨らみすぎて、
根本原因も何やら見えなくなってきている。
世の中にはますます、
子どもには刺激の強すぎるものばかりが溢れ、
次から次へ際限なく湧き続けているような有様だ。


少し前から、自己顕示欲の強い若者が増えた気がしている。
SNSのせいではないかと私は思う。
自分を表現できるのは良いような気もする。
それが、創造性や独自性をもったものなら素晴らしい。
最近、それも低年齢化してきていると感じる。
一見、積極的で活発で頼もしいが、
果たして手放しで喜んでいてよいものかと訝しんでいる。


先日の保護者懇談会(保護者会)で、
担任の先生も似たようなところを気にしていた。
「積極的なのはよいけれど、他の人の発表(意見)を聞いていない。」
それは、私が気になっている事と同質のもののような気がする。


人の意見に耳を傾けるというのは、想像力を働かせ、
相手は何を言いたいのか、何を求めているのかと、
相手の身になり考える事だろう。
しかし、それを子どもにばかり言ってもいられない。
大人にも、人の意見に耳を傾けない、
他人の身になって考えられない人がわんさか居る。
「どう言いくるめようか」とそればっかり。
大人の心も未熟に痩せ細ってしまっているのか。


国の政治の事も同じくだが、そういうのは脇に置いておいても、
自分のすぐ目の前の子どもたちの事は放っておいてはいけないはず。
保護者(P)と教師(T)が席を同じくして話し合うべき課題は山盛りある。
本来ならPTAは、そういう課題に取り組み、
いろいろな意見交換ができる場であるはず。
しかし、活動ありきで、
そのような課題に取り組む猶予もその方法も知らないのがPTAである。
第一、PTAというのは名ばかりで、
保護者と教師の話し合う場とは断じて違う。


PTAはくじ引きで当たった役を嫌々引き受け、
バザーをしたり、ベルマークを数えたり、講演会を実施したり、
雑に「子どものために」と旗を振って、
翌年に、やれやれと次の人にバトンタッチするだけなのだ。
そこに課題も目標も何も全く無い。
毎年変わらず、毎年同じ事を、毎年違う人に担わせながら、
周りの声には耳を傾けず、ただただ、活動ばかりを、
淡々と脈々と続けていくばかり。きっとこれからもずっと。
出口はあるだろうか?


それで「今の親たちは学校に関心が無い」などと言われても。。。


PTAはPTAで、学校でも保護者懇談会(保護者会)でも無い。
先日、学習参観のあとの保護者懇談会に残った人たちと、
とても良い意見交換ができた。
意思があり参加した者だけのせいか、
そこで交わす言葉は、それなりにそれぞれに響き合っている気がした。
久しぶりに、中身のある良い保護者懇談会(保護者会)だった。
PTAが無くても、
こんな保護者懇談会(保護者会)は学習参観のある度行われるはずだ。
その場に今年度のPTA役員もクラス委員も
見事に参加していなかったが、それも致し方ない。
役を引き受けた人たちは、
PTAの行事をようやく終え、やっとひと息ついたところだ。
もうこれ以上、学校行事のために仕事を休むわけにいかない人も居るはずだ。


よく、PTAを無くすと保護者会が無くなるように錯覚している人がいる。
しかし、それは絶対に全く違う。
PTAがなければきっと、
保護者懇談会(保護者会)の参加率は増えるに違いない。
そのことは、実は、
当事者である保護者や教師(つまりPTA会員)が一番分かっているはずだ。




更新の励みになりますので、
ポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


関連記事
スポンサーサイト
2015. 12. 21. (Mon) 09:21  [まじ話コメント:2  トラックバック:0

コメント














保護者懇談会 

※学校運営、学校経営なんかの資料を確認せずにかいております。

保護者懇談会って家庭訪問や個人面談と同じように必要なものだと思います。だからどの学校でも実施されているのではないかと。

キヅキさんがおっしゃるように、その大切な保護者懇談会にPTAをくっつけちゃうからおかしなことになっていると思う。
特に、役員委員を決める時期になると懇談会に足が向かなくなる人って多いです。もし、役員決めの時にいなかったら絶対に役員に選ばれないという決まりを作ったら懇談会の参加者は0になるんじゃないでしょうか?

自己顕示欲が強くて、自分がかわいいとしか思えない人増えてますよね。
だから、PTA問題で「全員強制加入なんてご無体な」みたいな話をしても「自己中心的です」「(自分の)子どもがかわいくないのか」という話になるのだと思います。
自分以外の人の事情や考え方を考える余裕と言うか優しさを失っているように思います。

「私も出来たから誰でもできる」
って頻出のPTA役員講話も
「私は無理してなんとか出来た。無理できない人もいるだろうからこのままではやり手はいなくなる」
って変換できないもんでしょうかね。
ちなみに、私は変換してみましたが、従前のやり方に潰されてしまいました。

今は体力も気力も充実しているからいいのかもしれませんが、これから30年たったら確実に30歳年とるわけだし、確実に体力も気力も衰えていくはずです。
そんな時「今までやってきたから」「やらない人はずるい」ってのが主流になってきたらどうなんでしょうね。
年金だって30年たったら今より30年くらいスライドして90歳以上になってるかもよ。だって働かない人がお金もらえるとかずるいやん。
「情けは人のためならず」
っていうことわざを「情けをかけるとその人のためにならない」って勘違いしている人が多いって話題になったけど、まさにその通りのことが世の中に起こっているかと。
「情けをかけることは周り回って自分のためになる。だから他人に情けをかけることは自分のためになることである」っていう本来の意味を考えてみませんか?
2015. 12. 21. (Mon) 09:50 さやさや [編集]

Re: 保護者懇談会 

🔹さやさやさんへ🔹

まったくだわ!
年金の事なんかも、この先どうなるか分からんよね。
苦しいけど今を乗り切ればどうにかなる問題じゃなくて、
どんどん苦しくなるのは明らかですね。
PTAや自治会でも言える事で、
「今年乗り切れば」じゃなくて抜本的見直しが必要と思います。
それも大急ぎで。

ただ、専門家や専門機関でどんなに方策を練ったとしても、
当事者が主体性のない者を集めただけの組織だから、頓挫してしまう。
時折、すごいリーダーシップを発揮するカリスマが現れ、
改革され、一時的に改善されたとしても、
時間の経過とともにそのやり方も合わなくなってくるのは世の常だよね。
やはり、毎年度毎に見直し、修正していく必要がある。
でも、そんな立派な素質、今のPTAは持っているかな?引き継いでいけるかな?
するとやっぱり「任意加入」の件に辿り着く。
けれども主体性がないもんだから、
「任意加入」にまつわる整備すらできない。やらない。
だって、個人的には今年乗り切ればいいんだもん。

2015. 12. 22. (Tue) 12:00 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。