≪ 2017. 09 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 11 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

脅迫文がギャグ 

たぶん、PTA活動は今、
新体制になってようやく落ち着いたところだろう。
春に運動会のところの母たちは、
運動会のお弁当のことでも考えておいた方が平和だ。


役員、委員を免れてしまえば、
この一年間は安泰というものだ。
新学期に花開いた、巷の井戸端会議の輪は、
ともかく今は、散り散りに散らばっている状態。
次は、冬の始め、
子ども会他の役員決めが始まる頃までは、
お互い挨拶程度ですれ違うくらい。
思えば、ゲンキンな人たちよ(笑)


さて、少し時間を後戻りさせよう。


あの忌々しい脅迫文を、
皆は忘れてしまっただろうか。


それは、
クラスの委員決めをするために配られた『希望調査』。
真面目に、答えて提出した人がほとんどだろう。
提出して、役に決まらなければ、
どんなに人権無視な文言が書かれていたとしても、
きれいさっぱり忘れていることだろう。


ところがね、
わたしの手元にはあるのです。


こんな何処からでも突っ込めるような証拠品を、
提出してしまうなんて勿体無い(笑)
それに、素直に従いたくなくなるような
インパクトのある言葉の数々。
そんじょそこらの
若手お笑いコンビのギャグよりオモシロイ≧m≦)


と、あまりもったいぶってもなんなので、
特に強烈なのを、ここらで公表しておきます。


エントリー1.
クラス委員を引き受けにくい理由がああれば当日、
クラスの保護者の皆さんにご相談ください。



つまり、
引き受けられないなら、自分で来て自分の口で説明して、
理解してもらうしか方法はないね!
ということ。


そして、
エントリー2.
当日来られない方で、クラスの方にお伝えしたいことがある方は
下に記入してください。
記入された内容に関しては、
クラスの保護者の方に読んでいただくことになりますので
ご了承ください。



これは、わざわざ言い換えることもなく、
脅し以外のなにものでもない。
PTAには、守秘義務というものはないのだろうか?
こんな事書かれていては、
本当に重大な事情を抱えた人は、
書くことができない。相談すらできない。


PTAのプリント類で、本当によく使われるのが、
「ご了承ください」と、
「できるだけご協力をお願いします」だ。


丁寧に言えばなんとかなると、
本気で思っているのだろうか。
そんなくらいで、
人が動くとでも思っているのだろうか。


先日、中学校に行ったら、
学級文庫みたいな棚に、カーネギーの本があったが、
(誰も読みゃしないと思うし、中学生に⁈とも思うが)
あれをPTA会議室にでも置いておいてあげようか。
中学生よりも必要なんじゃないだろうか(≧m≦)


それはそうと、
先の『調査票』の最後のキメ言葉がまた凄いので紹介しよう。


それでは最後。

エントリー3.
この調査票の提出がない場合も、
委員決めの対象となりますのでご了承ください。



出たよ!またもや「ご了承ください」


なんで、「ご了承ください」のひと言だけで、
簡単にご了承しなくちゃいけないのか?
訳がわからないな?

客に、「ご注文ください」って、
突然電話するくらいマヌケなんだけど(≧m≦)


関連記事
スポンサーサイト
2014. 05. 30. (Fri) 00:26  [文書関係コメント:7  トラックバック:0

コメント














脅迫状(PTA)とご案内(保護者会) 

たまたま、子どもたちがPTAのある学校(公立)と保護者会のある学校(私立)に通っています。

PTA学校はキヅキさんとこと遜色のない(^^♪脅迫状です。うちには「くじにより選出することもあります。ご了承ください」とまで書いてあります。因みに、「欠席する場合は(役員決めを仕切る)旧学級委員に全権を委任し、選出されても文句を言いません」とかいう更に極悪な委任状も提出を求められます。つまり、欠席するなら絶対なれ、なにがなんでもなれ、なれないっていうなら正々堂々と出てきて理由を言いやがれ、ということでしょうか(私はそんな下品な言いようは普段しないのですが、ことPTAに関しては私とは違う世界ですのでこのような言葉遣いがふさわしいと思ってしまう(^^♪)

さて、保護者会、どういった脅迫状かと言うと。
脅迫状はございませんでした。ご案内でした。
入試説明会(入学試験を受けてくださいという説明会)から保護者会のことは説明されていて、入学者の義務のようになっていることは理解していました。嫌なら入試を受けなけりゃいいって感じですね。
で、「ご案内」が入学説明会で配布されました。
「懇親会などを担当する学級委員を2名募集します。1.引き受ける。2.誰もいないのなら引き受けても構わない。3.引き受けられない。」
このアンケートに答えるだけです。3.にはもちろん理由欄などございません。PTAしか知らなかった私は「こんなんので決まるのか?」と思ってましたが、すんなり決まります。しかも、1.で決まります。
因みにアンケートの欄外に「希望者が多い場合はこちらで任意に決めさせていただきます。ご了承ください」とあります。つまり、「え~、やりたかったのにぃ」という苦情が出ることがあるってことですね。
でも、どうして大人気なんでしょう。
それは仕事がほとんどないから。飲み会の幹事程度の好きな人ならそう苦にならずできる程度。PTAで担っていたような仕事は生徒会がやっています(駐車場管理まで卒業生などつてを頼ってやってる)動員だらけの研修会開くくらいだったら、寄付しようくらいの勢い(^^♪PTAを退会した私でさえ家族の介護がなければやってもいいかなと思った程度。

がんじがらめに縛り付けて拷問にかけて強制的にやらせるのと、やりたいなと思える環境を整えて自発的にやってもらうのとどちらが与えられた仕事をきちんとやるかってことです。要は。
2014. 05. 30. (Fri) 04:37 さやさや [編集]

さやさやさんへ 

前半(PTAの話)。
読んでいて胸が締め付けられるような
息苦しさ覚えました。
もしかして何かトラウマがあるようです私。

私学の保護者会の話。
当たり前の話なのに、
公立PTAしか知らない私にとって、
夢の世界の話みたいです。
考えてみれば、
私学が「保護者会は全員加入です」と言うのと、
公立が「PTA全員加入」と言うのは、
似て非なるものですね。
公立PTAは、何か勘違いしていますね。

国民全員が一定の教育受けられるように、
憲法は定めています。
そのための義務教育で、
そのための公立小中学校です。

さまざまな家庭環境があるなか、
皆が等しく一定の教育を受けられるのは、
とても素晴らしいことです。
さまざまな家庭環境を抱えているということは、
PTAに入会できない事情がさまざまあるということ。

「全保護者は、保護者会(後援会)に加入してください」
とする私立小中学校と同じようにしてはいけないということです。

一定数の教育熱心で余裕のある家庭が率先して、
意思をもった組織作りと、
主体性のある活動することの方が、
PTAの役割は存分に発揮できると思いました。

こうやって意見を交わせるのは、嬉しいですね。
いつもありがとうございます^ ^
2014. 05. 30. (Fri) 08:37 キヅキ [編集]

選ばれる学校に 

私学と公立の決定的な違いは入学者が選べるか選べないかだと思います。

私学で公立PTAのようなことをやってたら、多分生徒は集まりません。うちの子の幼稚園は生徒募集のためPTAを廃止しました。代わりに都度ボランティアを募集して、ボランティアにはちょっとした特典(運動会、お遊戯会での優先席、駐車券など)を設けてお礼することにしているので、必要程度は集まります。

私学は本来要らないお金を払って行くわけです。レベルが高いとか、設備が充実しているとか、何か良い特色がないと選んでもらえません。
主婦的感覚ですが、多少形が悪い野菜でも「安くて味も変わらんなら」と買うかもしれないけど、形も悪く味も悪くて高い野菜だったら買いません。
私学はトータルレベルで「合格」と思われなければ選んでもらえないのです。

公立は「安かろう悪かろう」になっていることが多いように感じます。うちの地域の公立中の保護者は「1年生から塾に行かせとかないと高校進学は無理。ちゃんと教えてもらえてない」と嘆いていました。更に加えて極悪PTA。私には、「形が悪い上に半分腐って可食部分が少なくなった普通価格」野菜にしか思えません。お金かけなくても工夫でよくすることはいくらでもあると思うけどそれを放棄しているとしか思えません。

なんかねぇ、大きな話だけど、社会主義(公立)と民主主義(私立)の話に似てる気もするんだよねぇ。

ははは。腐った野菜の話かと思えば、社会主義の話?まとまりがなくてごめんなさい。
2014. 05. 30. (Fri) 10:29 さやさや [編集]

さやさやさんの話に便乗♪ 

公立小・中学校の役員決めのプリントはうちも似たようなものです。
加えて、「絶対に出してください」とか「~は受け付けません」とか「至急~してください」とか高圧的な文面も多いです。

旗振りのときや、授業参観時につける腕章があるのですが、それをウッカリ失くした場合は「始末書」という書類を出さなければいけません…

ボランティアで始末書…
サザエさんにそんなもの書かせないで!

さて、ここから本題(さやさやさんに便乗)
うちも長男は私学の高校です。
残念ながらうちは公立志望で落っこちて私学の高校に通っていますが、9クラス7クラスは中学受験で入ってきた子たち(この子たちは頭いい!)です。

さやさやさんがおっしゃるように
受験して入ってきたご家庭は学校にほこりをもってますし、良い学校にしたいと思っているので、役員決めでもめることはありません。個人情報のプライバシーポリシーもかわしていて、まったく問題なしです。

そして…部活にも保護者会があって、これがものすごく活発なんですが、こちらも役員決めのストレスゼロ。子供に部活で頑張ってほしい親御さんがなってくださいますし、「出来る人でやればいいよ~♪」っていって、高校入学組の私たちにもフレンドリーで強制などありません。こうなると、なんとかして 出来ることだけでも手伝わなければ! と思えるのです。

なんか、この両方の世界を知ってしまうとちょっと切ない気持ちですよ~
2014. 05. 30. (Fri) 15:38 ガーラ [編集]

ちょっとした心配り 

うちは長男が保育園の子で、
ここの保育園には保護者会は無かった。
それでも運動会の片付けは、率先して手伝いました。
本当に日頃よくしていただいていたので、
保育園には感謝しかないです。

そして次男は途中から幼稚園の子のなりましたが、
この幼稚園も保護者会が廃止になったばかり。
しかし園からのお手伝いをお願いするお便りがとてよく、
全く強制も、お願いも、約束を取り付けるような気配がない。
すると、お手伝いが余りあるほど集まるのでびっくり!
本当に勉強になりました。

人を動かす、集める、というのは、
人を感謝することから始まり、
人から信頼されることにより結果が出るのだ
と思いました。

私は恵まれているのかもしれません。
ちょっとしたことなので、
自分自身のために、
人に優しくあってもらいたいなぁ思います。
2014. 05. 30. (Fri) 21:52 キヅキ [編集]

素敵な繋がり 

ガーラさんとキヅキさんのお話、うなづきながら読みました。

そうそう、私もそういうこと言いたかったのよぉ(って勝手に便乗(^^♪)

前にも学校のPTAの話し合いで言ったんだけどね。「(恐怖で縛るんじゃなくて)思いやりの気持ちを持ちましょうよ」「自分がされて嬉しいことを人にしよう」「自分がされて嫌なことは人にしないようにしよう」当たり前なことなんだけどできてないんだよなぁ。

参考までに上記の意見に対するPTA様のお答えは「そんなあまっちろいこと言ってたら誰も何もやってくれない。できると思うのならお前がやれ」でした。どうやら住む世界が違うようです。

私は子どもに他人への思いやりを伝えたいと思っています。でうちの長子のPTAに対する感想「思いやりがないよね。自分がされて嫌なこと人にしちゃダメでしょ」育てたように育ってくれて嬉しいです。
2014. 05. 31. (Sat) 09:55 さやさや [編集]

正しい事を言えない環境 

さやさやさんは、地域が割と近いので、
想像ができると思いますが、
九州人は、あまり疑問に思っても反論も質問もしないですよね。
従順というのか、問題意識が薄いというのか。
だから、お子様もしばらくは生きにくい事と思いますが、
大人になればなるほど、
かならず生きやすく、楽しくなることだと思います。
私も、子どもたちには幸せになってもらいたいので、
思いやり勇気が備わるよう、子育てに励みます!
2014. 05. 31. (Sat) 11:04 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。