≪ 2017. 04 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 06 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

公立高校のPTAに入会していないつもり 

PTAにも後援会にもまだ入会していないつもりで、
入学式に出席した。

あの日PTAアンケートを回収していた人の
「ちゃっちゃとやってしまいますから」
を私の都合の良いように解釈すれば、
合格発表後の入学説明会の日に回収したのだから、
入学式までに役を引き受ける人が決まっていると思う。

ところが、
入学式終了後、生徒は会場に置き、
保護者だけを教室へと誘導された。
何の説明もなく。
言われるがまま、保護者たちの群れが教室へと向かう。


そして、子どもの席に座らされ、何かと思えば、
アンケートをとったはずのPTAと後援会の役決めだった。
春休みの期間、何をやっていたんだPTA本部は…~_~;


その委員(役員)決めを、担任教師が先導する。


「どなたか、立候補者はありませんか?」
担任教師の自己紹介も早々に、コレだ~_~;

「そんなに大変じゃありませんよ。
はい!どなかかありませんか?」
これで説明できたつもりだろうか?~_~;

「それでは、
アンケートに“やってもよい”と書いて下さった方は
出てきてください。」
と、名前が読み上げられる。

“やってもよい”さえ、少なかったようだ。
結局は、“できない”の選択肢がなければ、
無回答で出すしかなく、
皆がそうしたということだろう。

そりゃそうだよねぇ(⌒-⌒; )

最初から不信感抱かせてしまって、
ここのPTAもダメダメだなぁと思った。


その後、読み上げられた人々で、
前で、話し合って決めるよう言われるも、
まさかこんなことになるとは思っていなかった
人の良い真面目な人々は、
唖然、愕然、呆然とするしかない。
お気の毒だ´д` ;


その人たちから、
「私がします」という声は上がらなかった。

お一人だけ、
「どんな仕事ですか?」
と具体的な説明を求められた。

その時の先生の回答が、また耳を疑う。
「私は、やったことがありませんので。」

やったことなくても、
先導するなら説明くらいできるようになっておけよ
と思った。

そこへ、後方から保護者の声が入った。
どうやら今期の役員らしい。
兄弟で同じ高校のようだ。
説明はこうだ。

「小中学校ほど忙しくはないです。」
これだけ。


質問した人も誰も彼も、きょとんとした。
そして、さっき質問した人が、

「まあとにかく、あなたがされてた役をすれば、
あなたに聞けばわかるだろうから、それをやります。」

という条件付きで引き受けられた。


ところが、
まだもう一人、決めなくてはならない。

前に出されている、
心ある善人たちが不安な表情で立っている。

そろそろ生徒たちが来るだろう。
時間がない と急かされる。


それで、とうとう、
ジャンケンをして決まった。


これが、私がこの春経験した、
公立高校PTA役員決めの顛末だ。


聞けば、他の高校は、
近所の方でだいたい済ませてしまうようだ。
確かに、小中PTAほどおおごとでもない。
目的が、学校の後援なのも、
ギャーギャー言うほどのことではない。
保護者はそれも理解済みだ。
後援したくない気持ちもない。


要するに、説明が足りないだけだ。
説明して信頼関係がそこにあれば、
「近くだからしましょうか?」
というものだ。


いちばん大事な事を怠っているように感じる。


よかったらポチッ(^O^)/
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



関連記事
スポンサーサイト
2014. 05. 31. (Sat) 14:56  [PTA未入会コメント:2  トラックバック:0

コメント














 

>いちばん大事な事を怠っているように感じる。

そうですね(^ω^)

私、子育て@大阪ですが
お育ち@福岡です~w

方言テロップに反応してしまいました(爆)

ちょっと自分の理解が怪しくなってきたのですが、
うちの高校では講演会とPTAは同一集団のような…???
(まったく自信なし)

忙しいか忙しくないか、
近いか近くないか、
それだけの組織って…(つд⊂)

孟母三遷、孟子の母は最後に学校の近くに住むことを選びましたが、そんなPTAがあったら故事は変わっていたかもしれませんね( ̄▽ ̄;)

2014. 05. 31. (Sat) 17:17 ガーラ [編集]

ガーラさんへ 

なんという!福岡出身なんですね。
更に親しみがわきます^^

後援会は後援会費という枠組みを作りたくて、
後から付け加えたのではないでしょうか?
それか、PTAが後から出来たのか…
とにかく、質の違うはずのものが、
名前だけ別々にあって、
組織はひとつながりになっているのは、
不思議です!?(・_・;?
2014. 06. 01. (Sun) 01:13 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。