≪ 2017. 09 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 11 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

教師たちのPTA 

例えば、
学校教育の中で特に重要視されている人権教育についてです。
先日の校長からの「学校の取り組み」についての話では、
学校で取り組み。児童への働きかけ。
それから、教師たちは教師たちの研修など取り組んでいる
と話されました。
これは、PTAへ向けた話なのですが、
「教師は教職の一環の中で自分たちで計画してやっている」
というのです。

もう一度言います。
PTAに対して、
「教師は、教師で人権教育をやっている」
なのです。
要するにこれは、
「だからPTAPTAで…」
と話が向かう流れですね。


このことから察するに、
PTAに教師は含まれていない気がするのです。
確かに、PTAで活動する時間は先生方の勤務中と重なります。
一緒に活動しようと思えば、
保護者も先生方も、家庭を犠牲にしなければならなくなります。


PTA活動は、どうぞ保護者が頑張ってください。
PTA活動は、教師にとっては、
仕事だから仕方なくやっているにすぎない。
仕事だから、仕方なく会費を払っているにすぎない。
というヘンテコな感じで、
曖昧に、雑に理解されているように感じられます。
仕事なのに会費を納めるなんて、ヘンテコなのに、
疑問を持たない。持たないようにしている。


保護者側から教師に対して、
PTA活動への参加を求めることは、ほとんどしません。


保護者もまた、保護者の役割くらいに思って、

とにかくラクにやって、難から逃れよう

という気持ちしかありません。


お互いに、

「お気の毒ですね〜(⌒-⌒; )」



「そこをなんとか…」

でこれまでやって来ている気がします。


そろそろ、PTAが任意組織で、学校別団体で、
ボランティア活動だということを、
保護者も教師たちも、互いに確認し合うべきなのではないでしょうか。


無知ほど人を苦しめるものはありませんね。
関連記事
スポンサーサイト
2014. 06. 06. (Fri) 09:29  [教師にとってのPTAコメント:0  トラックバック:0

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。