≪ 2017. 07 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 09 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

ニッポンのPTAを世界遺産に 

皆さん、PTAという団体をご存知ですか?
PTAは、戦後すぐ占領軍の調査報告をうけ、
GHQにより民主主義の啓蒙のために組織されました。
日本社会を民主化していくためには、
日本の教育を抜本的に改革すべきと考えたわけです。
そして、その教育改革を果たすためには、
家庭の役割は重要ということで、
その基盤つくりのため保護者を教育すべきと考えたわけです。
それがPTAなのです。

以下は、
1946年に米国教育使節団による報告書からです。

教育というのは、言うまでもなく学校のみに限られたことではない。
家庭、隣組その他の社会機構は、
教育において果たすべき夫々の役割を持っている。
新しい日本の教育は、有意義な知識を得るために、
できるだけ多くの資源と方法を開拓するように努めるべき。


ここで注目したいのは、家庭だけでなく隣組とあることです。

隣組の起源は、秀吉の時代に遡ると思います。
大昔、貴族による支配は衰退し、
下克上という戦乱の世があったことは皆さんご存知ですね。
秀吉は、天下統一の際、
刀狩令を出し、民衆を治めようとしました。
この時、多くの人々は刀を捨て農民となりましたね。
そこに敷かれたのが、「五人組」という制度。
これにより、「お互いさま」「お陰さま」という、
心温まる風土も生まれましたが、
反面、共同体として協力しない者や、
他人との交わりのできないもの、役に立たないものを、
「村八分」と称して、
共同体から仲間はずれにするような風土も生まれました。
そのせいでしょうか。
日本人はとても他人の目を気にしながら、
言いたいことも言うべきことも、なかなか言えない、
辛抱強い国民性を身につけていき今に至るのだと思います。


GHQは、それを知ってか知らずか、
もしかしたら利用したのか。
とにかく、お上からの指示を

へへいm(_ _)m

と、
御託も並べず素直に従う日本人にPTAを組織させました。

その結果、ニッポンのPTAは、
母国(米国)のそれとは形は似ていても、
中味はまるで違うものになりました。

もともと、隣組という似たような共同体があり、
切っても切れない人間関係、地域社会をつくり、
長い年月それでやってきたのです。
何代も何代も受け継いだ伝統を、
そうそう捨てられるものではありません。
変わったつもりでも、変わっていなかった
というのが正しいのかもしれません。

こんなわけで、
日本社会の最も小さな行政、隣組(地域社会)は、
今もなお、五人組制の頃からの伝統を、
ある意味引き継いで、
別の意味では変化させて、
「お互いさま」は「不公平」
「おかげさま」は「非協力」
という言葉で、人々を非難しまくっています。
その時代遅れなやり方に嫌気を差した
現代社会に生きる人々からは、
とうとう見向きもされなくなりました。
それと同一の人々が組織するPTAです。

なんとなく、納得がいきますね。

そうです。「PTA」などと、
外国の言葉で、さも外国から輸入されたもののように見えますが、
PTAは、もともと日本社会に存在した伝統文化なのです。
嗚呼、この憎むべきも捨てざるべき日本の伝統!
この伝統あるニッポンのPTAを、
「世界遺産に登録すべきだ」
というPTA連合会の会長が現れました!

では、会長からのスピーチです。どうぞ〜

✳︎注意! パロディだからね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント














トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。