≪ 2017. 05 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017. 07 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

発行プリントの承認作業をスムーズにする工夫 

私の投稿記事よりも、
コメントの方が役に立ちますよ、みなさん(^-^)/

このままにしておいて、
せっかく参考になるコメントが埋れてしまうのは、
もったいないと思うので、
ここに、掘りおこしておきます(^-^)/


先日より、
実行委員会(常任委員会)から
PTA会員へ配布するプリントについて
いろいろご意見伺いました。
とっても参考になりました。


PTAから発行のプリントですから、
発行する日付の下に、
PTA会長名が入り、
その下に委員長名が入るのが一般的かと思います。


ここに、PTA会長名が
要るか要らないかの
意見は分かれることと思いますが、
今日のところ、それは脇に置いといて、、、


PTA会長名を入れるからには、
責任者として会長が一読して了承するのは、
当然必要な手続きですよね。
一応、違法なことばかりやってるPTAでも(¬_¬)

ひとこと多いf^_^;


そして、学校内で児童を通して配布するので、
学校の許可は、当然必要ですよね。


メルマガにでもしちゃえば、要らないんですが…(¬_¬)

と、ついついひとことf^_^;


ただ、PTAはともかく学校は、
その時の担当の先生によって、
ここの理解がまちまちです。
だから、新しい先生に変わった年は特に、
いろいろおこります。


毎年同じような文書を
同じような時期に配布するわけだし、
PTA会長も一通り目を通して了承している。
そしてPTAは学校とは別組織と言いながらも、
学校共にあるような顔をして、
そういう扱いを学校からも受けている。

よほどの事でなければ、
「この文書は配布を許可できません」
となるわけもなく、
「どうぞどうぞご苦労さまです」
としておけば、
何も問題ないじゃない?
という気がする。

誤字に気づいたら教えてくれれば、
それは素直に嬉しい。助かる。
けれど、
見てほしいのはそこじゃない。
本当は、配布許可がほしいだけ。


だけど、先生という職業柄、
赤ペンを持つと、
何か書き込まなくちゃ
仕事をした気にならないのでしょうか。
職業病なのでしょうか(笑)


だから、対策としては、
時間削減のために、

PTA会長提出用と
学校への確認用と、
2部用意して持って行くのが早いよ

というアドバイスです。


なるほど、なるほど、
次回からはそうしよう(^-^)/

と思いました。


特に、赤ペンを持つと、
赤訂正入れたくて、入れなくちゃで、
ムズムズしちゃうタイプの先生には、

「去年と同じ内容です」
ということを先に伝えたり、
「ここと(日付)
ここと(去年と変わっている部分)
を確認願います」
と付箋をつけておく

というアドバイス。

こうすると、待たされることが減るかもしれない。


そうかそうか、
これもいただきました(^-^)/

すぐに実行します(^-^)/

引継ぎメモにも残します_φ(・_・


自分自身も結構なクセあり人物ですが、
先生たちにもそれぞれクセがありますものね。

ちょっとした工夫で、
お互いのストレスや負担がなくなって、
良い関係のまま子どもを卒業させるのが
いちばんですよね(^_−)−☆


最後に、訂正を言われた箇所は、
できるだけ対応しますが、
上のアドバイスを受けて工夫したら、
回避できるかもしれません。


とにかく、毎年同じ文書で出せるよう、
ひどい文章にならない方がいいですが、
これは、気がつく人が変えていくしかないのかも。


あまり丁寧すぎるのはアウトです。
かえって印象が悪いです。
そして、PTAは学校とは別組織です。
学校行事は学校主催なので、
PTA主催みたいな顔しちゃアウトです。
そして、PTAのお世話役の自分が、
PTA会員へ向けてお知らせするくらい
の気持ちが良いのではないでしょうか。

自分の立ち位置と、相手立ち位置と、
よくわきまえた、印象の良い、
簡潔で分かりやすいのが良いですよね。



このブログ、たまには役に立つのねぇ
と思った方は、
こちらもポチッとお願いします。
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ

関連記事
スポンサーサイト
2014. 07. 01. (Tue) 12:37  [ちょっとしたコツコメント:6  トラックバック:0

コメント














学校だよなぁ 

なんでPTAって非効率的なのかなぁと考えていたのですが、キヅキさんのブログがヒントになって思いつきました。

学校だからですよ。

昔、先生って暇だ、授業だけやってりゃいいんだから、残業なんてないし、いいよね。
って思われていた。で、先生は心外に思って、面倒な手続きを増やしちゃった。先生ってまじめな人多いから「これは?」「これどう?」なんて意見を出して、それを「いいね!」と深く考えなくて増やしていった結果、授業どころじゃなくなるほど手続き増えちゃった。

そんな学校に巣食うPTA。イニシアティブをとるのはもちろん学校。烏合の衆の保護者をまとめるにはやっぱりある程度の学校のリーダーシップは必要。先生は学校の非効率的やり方しか知らない。保護者は一般社会の効率的方法を知っているというのに。
保護者は子どものことでいろいろすることは必要だと感じているけど、片手間でちょちょっとやることで、副業的に頑張ろうとはこれっぽっちも思っていない。
学校は大切なことだから、専従とは言わないけどせめて副業程度にはやってほしい。

お互いもやっとするPTAのできあがり。

学校はこれが正義と思っているから、効率化を求めても「学校に効率化はそぐいません」と却下。児童生徒に対して「できる人ができることを」と呼びかけることと、保護者に呼びかけることは訳が違うということに全く気づいていない。児童生徒なら同じ時間に集まることは苦ではない。保護者全員を集めることは不可能。卒業までは全員集まるけど、同窓会に全員出席なんて聞いたこと無いですよね。あったら、奇跡の同窓会って言われる。
児童・生徒の延長線上に保護者がいると考えているのが大失敗。

PTAが学校とは別の組織と認識し、運営しなければ、運営面の不都合は変わらない気がしてきた。
2014. 07. 03. (Thu) 06:33 さやさや [編集]

Re: 学校だよなぁ 

>
> 先生は学校の非効率的やり方しか知らない。保護者は一般社会の効率的方法を知っているというのに。
>
それはいちばんに感じる事ですね。
先生という以上、ある程度立てなくちゃならないとも思いもあるのですが、
効率的方法を知っているとストレスに感じる事が…

ただね、先生にしかできない知らない技術というものがありますよね。
学級崩壊への対応にしろ、
最初の学級立ち上げ方にしろ、
他にも…
これは専門技術と思います。

互いの専門分野を尊敬して、
一緒悩んだり考えたりしていいのになぁ と思います。

だけど、だからと言って、
学校にひっきりなしにくっついている訳にはいかない。
誰だって、
自分の仕事に素人がズカズカ入ってきていろいろ言うのは嫌でしょう?

そんな距離感を大事にしたい気持ちもあるし、
先生を尊重したい気持ちもあるし、
そんな親の気持ちは理解してほしいですね。
「それは、学校の仕事でしょ!」
というのは、そこからくる言葉で、無関心とはまた違うと思うんですが…
なかなか上手く噛み合わないところです。

互いが信用しあっていなく、
相手を尊重も尊敬もしてもなく、
学校と保護者が、生ぬるく上辺だけで付き合っているのが、
今のPTAだと思います。

>
> PTAが学校とは別の組織と認識し、運営しなければ、運営面の不都合は変わらない気がしてきた。
>
学校も、PTAも、教師も、保護者も、
付き合う相手の立場と自分の立場をまずよく理解しないといけないですよね。
なかなか全員同じ理解というのは難しくても、
PTAと学校が別組織で、
PTAは保護者会でもなければ、学校の後援会でもないことくらい
理解しておいてほしいです。

先日ぶきゃこ様のコメントにあったように、
学校にとってのPTAは、学校評価と学校予算の補充のため。
そう割り切れば、
PTAはムダな活動をして自分で自分の首を締めなくてもよいわけです。

PTAは保護者会ではない。
ここをちゃんと理解していれば、
学校がPTAに行事の手伝いを要請することもないでしょう。

各人自分勝手な解釈で、
それがゆるゆるっと通って、継承されてきているのだと思います。

また長くなってしまったf^_^;
2014. 07. 03. (Thu) 16:20 キヅキ [編集]

悲しい出来事 

「保護者の皆様へ」
ビジネス文書の体裁を以ってして受信者をこうしてしまうことはとても考えられない。

「保護者各位」
でしょ。

って、文書を書き直して出しておりましたが、また戻ってましたぁ・・・。

どうやら、「昨年の委員長はいらんんことばかりやるやつやった。あいつの文書は使えない」ということになったらしい。

この読む気が起こらない、何をいいたいのか、伝えたいのかわからない文書はなんなんだろう。
ただ集まることが目的、お菓子やるから来てねか。そんな暇な人はいないと思う。だから、動員がかかる委員のみの参加になるんだよね。

やれやれ。

どっと疲れが出た。
2014. 07. 03. (Thu) 16:52 さやさや [編集]

Re: 悲しい出来事 

「保護者の皆様」
ときて、とってつけたように時候の挨拶。
それからいきなり、
さて…と本題。

これこそ校正というより添削してほしいものです。
このまま毎年刷られては…(苦笑)
2014. 07. 03. (Thu) 21:44 キヅキ [編集]

普通の感覚の人がいてよかった 

ビジネス文書講師なんてやってたからずれてんのかなぁとちょっと思っていました。

「保護者の皆さんへ」
とか
「PTA会員のみなさん」
とか書かないと親密に感じないから?

「さて」「ところで」「また」「なお」
なんて言葉は他人行儀?

時候の挨拶って改まった文書に入れるもので、「前略」を使う文書には入れない。
また、時候の挨拶と結びの挨拶はセットで入るもの。
こういったものは手順みたいなもんだと思う。覚えないといけないことだよね。

実は学校の先生も知ってる人が少ないのかもしれない。多分校正できる人はいないでしょう。

社会教育関係団体というのなら、こういうビジネスマナーというか社会人としての付き合い方の講習でもした方がいいかもね。

常々思うんだけどビジネス文書検定3級(高卒程度)取得者に添削頼んでみて。きっと、まっかっかになるぞ。
2014. 07. 04. (Fri) 10:33 さやさや [編集]

Re: 普通の感覚の人がいてよかった 

私はビジネス文書講師でもないですし、
ビジネス文書検定ももっていないですが、
そのバランスの悪さというのか、ちぐはぐな感じは、
違和感を感じます。
最近は、学校からのお便りも、
「保護者の皆様へ 」
で来るようになりました。
「各位」の意味が分かっていないのかもしれませんね。
本当に、それこそ講習会を開いてほしいです。

知らない事も多いし、迷うところなので、
私が文書を作るときは、
「手紙の書き方」の本で確認しながらです。
こういうのは、マナーですから、
間違えると恥ずかしいです。
恥をばら撒きたくないでしょ(^^;;
2014. 07. 04. (Fri) 13:48 キヅキ [編集]

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。