≪ 2017. 04 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017. 06 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

PTAはほんとは何がやりたいの? 

ここのところ寒い日が続くが、
陽射しは春の雰囲気を匂わせ、
寒さもピークを過ぎたようだ。


この時期に読みたい絵本がある。
『はなをくんくん』だ。


はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)はなをくんくん (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1967/03/20)
ルース・クラウス

商品詳細を見る

冬眠していた動物たちが目を覚ます。
何処からか何かいい香りする。
何だろう?
はなをくんくん。
くんくん、くんくんやりながら、
香りの主を辿っていく。
くんくん、くんくんしながら、
みんな四方八方から、香りの元を目指して走り出し、
辿り着いたところには一輪の花、タンポポが咲いている。


とてもシンプルな言葉で、
すごく単純に、春の訪れを感じさせてくれる。
黄色い表紙に、モノクロの絵。
辿り着いた先のタンポポだけが、ぽっと明るい黄色を放つ。
その小さなタンポポに動物たちが駆け寄ったシーンで終わる。
そして読み手は、これから始まる何か素敵な事に想いを馳せながらページを閉じることだろう。
希望に満ちているなぁと思う。



この絵本で命を助けられたという女性の話を聞いた。
その方がまだ多感な中学生の頃の話だ。
友だちとのトラブルで傷付き、自らの命を消してしまおうとばかり考えたのだそうだ。
親にも誰にも相談できず、心配させたくなくて平然を装っていたそうだ。
そんな凍えるような毎日を過ごしていたある日、ふと本棚を見ればこの絵本があった。


何気なく手に取ると、その絵本の裏表紙には、
拙い文字で自分の名前が書いてあったそうだ。
覚えたての字で自分で書いた自分の名前である。


この絵本を彼女は久しぶりに自分で読んで、何を感じただろう。

それは幼い日の思い出。
母の膝の心地よさ、温もり、自分の全てを包み込んでくれるような優しさ。。。
きっとその絵本には、与えてくれた人の愛情が詰まっていて、
その人と過ごした時間の思い出が詰まっていると思う。

その人はその日、その絵本を手に取ったことで、
前を向いて生きていけたというのだった。


そんな手記を、ある講演会で紹介された。

私は、絵本という紙で出来た、主に小さな子どものために作られた本により、
親と子の愛情のやりとりと共に、
人々の心に刻まれる何かすごく大きくて深くて優しいものを感じて、
胸がいっぱいになったのだった。

傷付いた子どもに、言葉をかけてやるのは身近な大人だけでなく、
そんな大切な思い出の絵本であることもある。
思いがけなくも、絵本が親に代わって、その子の凍えた心を温めてくれたのだなぁと思った。



多分、ほとんどの親がそうだと思うが、
子どものために忙しく立ち働く事が愛情なのだと信じている。
それは決して間違いではない。
だけどきっとほとんどの親は、忙しい合間を縫って子どもと過ごしたいと思っている。


だから、PTAなど二の次で良い。
子どもたちが、この先生きていく力を植え付けるために、
大人が何をすればいいだろう?自分は何ができるだろう?
と個人個人が考えるだけでいいのではないか。
だけどPTAで、一緒に考えることができるなら、
その対象は我が子だけではなく周りの子どもたちになる。
それはとても素晴らしいことじゃないか!!


だけど。。。
PTAは、何をしたいんだろう(´-`).。oO


ついでにポチッと、よろしくお願いします(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2015. 03. 08. (Sun) 08:57  [まじ話コメント:2  トラックバック:0

現場の声を伝える 

実を言うと、
先日の報告会で、
生涯学習課職員の対応は、ほんと好感が持てたんです。
これまでPTA活動の中で、
何度か、電話したり、メールのやり取りもしてきて、
最初の頃は、役所の人って。。。(~_~;)
な印象を持ったりもしたんだけど、
1年間経って、
ようやく私たち、やらされている側の苦労や、
この事業内容の拙さに気付いたんだと思う。
だから、
「アンケートには、なんでもいいから書いてください!」
って、思いきった事も言ったんだと思う。

思うけど、曖昧な主観だけでは、役所の人は動けないわけで、
でも、住民側からきちんと声が上がれば、
何とかしなくちゃならないわけで。。。
まぁ、それが仕事なんだから。
中には変える事を嫌がって、
意見に耳も傾けないような人もいるかもしれないけど、
少なくとも、あの人はそうではなさそうだった。


私も、なかなか全部は語れないんだけど、
ちゃんと意見を上げるようにしていたら、
少し変化が見えてきたのは確か。
ちゃんと動いてくれたんだなぁと、
密かに嬉しがっているよ。


だから、
役所に出す報告書や、PTA研修会のアンケートなんかで、
しっかりこちら側の意見を書いていいと思うんだ。


なんか、みんな、波風立てない事ばかり気にするけど、
PTA本部にそれをやると、プンプン(*`へ´*)てされるから、
それはオススメしないのだけど、
役所へだったら、全然、波風なんか立たないから大丈夫。
ちゃんと事務的に処理するだけだから。


でも、それなりに応えてくれるから、なんか嬉しいんだ。
これって、相手が企業なら当たり前の事なのに、
普段、PTA界隈のぬる〜い会議に出たりして、
意見を言ったら疎まれたりしてるから、
応えがあっただけで、もう、嬉しくってね(つД`)ノ


うちのPTA本部役員って、
一生懸命考えて言ったことに、反応できなくて、
ちんぷんかんぷんな対応して、終いには、
言いがかりをつけやがって(♯`∧´)!
みたいにキレられるレベルだから、
こんな当たり前の事に感動しちゃうんだよね、情けないわ〜(⌒-⌒; )


だから、
宛にならないPTAを相手するよりも、
直接、役所へ意見を伝えるのがマシだと思った。
結局、私たちが現状のまま、
何も言わず受け入れているのもいけないんだよね。
不平も不満も出ないんだったら、
「問題無し」で、現状維持になっちゃうでしょ。
現場の声をもっと伝えていっていいのだと思う。


ついでにポチッと(^_^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ



2015. 03. 02. (Mon) 09:59  [まじ話コメント:3  トラックバック:0

小石でも投げてみて 

他の方面忙しくしている間に、
教育委員会から返信メールが届いていた。
一体、何に対しての返信だろうと
しばらく思い出さなくちゃいけないずいぶんと遅い返信だった。
結局は、こちらの質問には答えていなかった。
ただ、今後ともご理解ご協力を…
のあの名文句でお終いのw


しかしまあ、PTA会費については各方面疑問を持つ人は多く、
ここにもそう思う人が1人居りますよ
という一石(といっても小石)を投じるくらいの事はできたのだろう
と思いたい。
このような一石が、いくつもいくつも投げ込まれるようになれば、
少しはお役所も考えるのではないだろうか。


そんな一石を投じる場所、
ここにもあります。
↓ ↓ ↓
PTAが任意であることを周知するために署名を集めています。
ご協力、おねがいしますm(_ _)m
署名につきましては名前を非表示にできます。
チェンジ
キャンペーン/
文部科学省-ptaは任意であることの徹底周知と
ptaへの入会同意書の義務付け




そして、
ついでのポチりなら、こちらでございます^o^
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2014. 09. 28. (Sun) 12:00  [まじ話コメント:0  トラックバック:0

学校でのボランティア活動 

特に学校ボランティアにおいては、
活動の場が学校ということもあり、
受け入れる側(学校、教師)と
活動する側(保護者地域住民)との連携が不可欠だと感じる。
まず、学校というのは基本的に教育機関で、
児童生徒が勉強しに行く所だということを忘れてはならない。
学校は、先生方の仕事場であること、
先生方の仕事はやはり授業や学校行事、生徒指導と広範囲に及ぶということ。
ご自身の仕事のスキルアップのためにも励まれているはずということ。
それらの事も忘れてはいけない。
ボランティアだからといって、とても良い活動だからといって、
学校の基本は侵してはいけない。
とにかく、学校での時間をいただいて活動をしているのだと、
いつも謙虚な気持ちを忘れないようにしなくてはいけないと思う。


対して、(これはある先生の言葉だけれど)

教師は、
ボランティアに来てくれる保護者や地域の人々へ、
感謝する気持ちを忘れてはいけない。
その時間を子供たちと共有し、どう感じるか。
そんな気分を生徒たちにも味わわせたくはないのか。

と、その先生が、周りの先生に必ず話すのだそうだ。
とても心強い言葉だった。
ボランティアする側も、励みになる。


校長先生の話も、頷くところがたくさんあった。

生の声の大切さ。心のこもった言葉でないと生徒の耳には響かないということ。

長い教師生活の中で、いちばん大切と思ったということだ。


以上は、中学校での読み聞かせボランティアの交流会で聞いてきた話だ。


このボランティア活動は、PTAとは別組織で運営している。
学校の施設を使わせてもらっているけれど、学校からも独立性を保っている。
独立性が保たれたうえで、学校が協力をしてくれる。
だからこそ互いに感謝し合い、尊敬し合える関係でいられるのだろうと思う。


それと同様に、PTAも概ね上手くいっている。
まず、先生たちが参加している。
保護者と先生が対等に話し合いができる。
若干やりすぎじゃないか?と思う面もあるにはあるが、
その点とても評価している。
そんなわけで、
PTAの運営委員会(理事会)が、夜にあるのはとてもいやなのだけれど、
それも仕方がないかなぁと許容できるところだ。
自動入会や自動引き落としなど問題はあるのだけれど、
先生方と協力したり、情報交換できる点で、
有意義な活動をしているのだろうなぁ〜と思っている。
基本、私はPTA活動全般に魅力を感じられていないので、
そんなところだf^_^;)


少し前、つまり今の中P役員が小P役員だった頃、
小学校だって言うほどひどくはなかった。
小学校が特にひどくなったのは、ここ3年くらいのものだ。
いずれその波は中学校へ及ぶと思う。
どうにかして、阻止したいものだが…
そうなる前に、PTAが次のステップ
「任意加入を周知し自由入会とする」へ進んでいかないものだろうか。
任意加入となり、会員自らで立ち上げる活動となれば、
上の読み聞かせボランティアのように、良い活動ができると思う。


私は、この読み聞かせボランティアの会で、
とても良い経験をさせてもらっている。
この経験は、子どもたちへもささやかな影響を与えていると思うけれど、
それと同時に、私自身を育ててくれているような感覚がある。
PTAが目指したかったのは、そういうことではないのだろうか。



PTAが任意であることを周知するために署名を集めています。
ご協力、おねがいしますm(_ _)m
署名につきましては名前を非表示にできます。
チェンジ
キャンペーン/
文部科学省-ptaは任意であることの徹底周知と
ptaへの入会同意書の義務付け




ついでのポチりはこちらですm(_ _)m
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ

2014. 08. 28. (Thu) 15:53  [まじ話コメント:0  トラックバック:0

AERA読者の皆様へ 

先日の『小さな声を集められるはず』にあるコメントや、
その前の『大人のいじめ問題』にいただいたコメント、
他にも、あちこちのブログやTwitter上、他掲示板に、
PTAで起きている、いじめ被害と言っても過言ではない圧力を、
どこまで世間の人は知っているだろう。

雑誌「AERA」では、これまで5回に渡りPTA問題を取り上げられた。
例えばコレ☞PTA退会で校長室に呼び出し?
しかし、世間はどの程度関心を寄せただろうか。


「AERA」読者は、どこまでPTAの問題を
自分の生活に引き寄せて考えるだろうか。
まさかPTAが、
幼稚園のママ友グループのランチ会の延長だとは
考えていないだろうか。


PTAがそんなレベルならば、
付き合いきれなければ関わらなきゃいいだろう
と思っていたり、
親のくせして子どもの学校の手伝いくらい
ツベコベ言わずやればいいのに
と思っていないだろうか。


雑誌に載るような被害は、
稀にある特別な事と思っていないだろうか。


いや、実は私は、そう思っていた。
特に面白い部分を切り取って集めたのだと思っていた。
しかし、こうもあちこち津々浦々から似たような辛い経験を聞くと、
もしかして自分が知らないだけで、
身近にも似たようなひどい事は起きているかもしれない
と思った。
所詮人は、他人の事となると無関心で、
自分に被害が及ばないと気にも留めていないのだろう。
私も含めて。


ブログのコメントやTwitterなどから得た話は、
私が直に感じた「ナニコレー!?(・_・;?」よりもはるかに酷く、
実に笑えないものなのだ。


全国の「AERA」読者の皆様、
PTAの問題は、自分の娘、息子たち、孫たちが関わる問題です。
また、ご自身も地域社会で生きているのです。
会社を退職すれば、今より密接に関わるとも考えられませんか。
その時は、PTAと再び関わります。
PTAは、学校の中だけでなく、地域の仕事をも担わされています。
実はそれもあって、いっぱいいっぱいになっているのですから…



PTAが任意であることを周知するために署名を集めています。
ご協力、おねがいしますm(_ _)m
署名につきましては名前を非表示にできます。
チェンジ
キャンペーン/
文部科学省-ptaは任意であることの徹底周知と
ptaへの入会同意書の義務付け



ついでのポチりも、嬉しいです(^.^)
↓↓↓
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ


2014. 08. 22. (Fri) 23:58  [まじ話コメント:2  トラックバック:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。