≪ 2017. 08 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017. 10 ≫

プロフィール

キヅキ

Author:キヅキ
ほんと言って、学校で困ったとき、
助けてくれるのはPTAじゃないしね。
PTA活動って、何のためにやってる?
PTAは、任意加入のボランティア団体って知ってた?
入る入らないは、自分で考えて決めてください。
PTAと学校は、別組織です。

*LINKフリーです*

CH!PTA

PTA問題を考える人に、役に立つ資料を集めたHPを作りました。

バナーはご自由に使ってください。

http://change2014pta.web.fc2.com/

CH!PTA ラボ

PTA問題を考える人のためのSNSです。 公開範囲を設定できるので、情報交換やストレス発散解毒日記など、いろいろ便利に使ってください。

検索フォーム

Well Come !

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

  • 04/10:moepapa

  • 03/23:キヅキ

  • 03/22:sara

  • 03/20:キヅキ

  • 03/20:キヅキ

  • 03/18:さやさや

  • 03/18:sara

  • 03/02:キヅキ

  • 03/01:Mr.Peki-chan

  • 02/16:キヅキ

最新トラックバック

にほんブログ村

PTAに関する参考書
















スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--. --. --. (--) --:--  [スポンサー広告コメント:-  トラックバック:-

建増し建増しの社会教育事業 

今年はよく自治会関連団体の総会に行くのだが、
PTAみたいに役員が流動的でないので、少しはマシかと思っていたら、
形骸的なのはどこも同じなようだ。

文科省だったかどこかのサイトで、
社会教育主事の報告書を見かけた事があるが、それには、
雑務が多すぎて本来の業務は全く出来ない現状を訴えられていた。
なるほど、この4月から5月にかけての総会の多さを見れば、
それも納得というものだ。
思うに、自治会関連の社会教育団体は、多すぎやしないかな?
そして、そのメンバー集めに他の団体の役員を当て込んでしまっている。
同一人物があっちでもこっちでも役を引き受けていて驚く。
それで、組織図には、
地域のいろいろな団体が賛助していて、それはそれは大所帯となっているが、
おそらく他の人たちも、この時期数々の総会に顔を出すのだろうね。
いっその事、全体総会でいいではないのかな?と思う。


そもそも、青少年育成協議会とやらに、
小学校PTA、中学校PTAが加わり、各町内会も参加し、
「町全体で子どもたちを見守りましょう」という意思は伝わるのだけど、
これでは公立小中学校に通っていなければ、
その対象になっていないではないか⁈


これも、行政的に単に人を集め、
とりあえず団体として成り立たせているだけにすぎないよね。
公立小中学校単位PTAは自動入会の大所帯で、
それを基に自動入会の子ども会もあるので、
人数的には申し分ないし、人集めに手っ取り早い。
わざわざ任意に入会案内などするなんて煩わしいってことだろうか。


しかし、残念ながら、そのせいで、
町内の全ての子どもを対象にできていないのに気付かないのだろうか。
取りこぼしというのか、抜け落ちている世帯があるのだよ。
だって、公立小中学校だけが小中学校じゃないもの!


公共社会教育機関のはずの公民館の関連団体が、
これでいいのだろうか。いいわけがないのだ。
(これは、全員が参加しなければならないという意味ではない)
だから、参加するしないの意思は問わなければならないのだと思う。
だから、広くその活動を紹介し、案内しなければならないのだと思う。
だからこそ、「任意加入」が重要になってくるのだと思う。


社会教育主事さんは、教育法とか社会教育法とかに詳しいのだから、
それではいけないって事はご存知なのだろうけど。。。
せっかく置いている社会教育主事の、
その機能をちゃんと働かせてあげてほしいなぁと思う。


そして、各団体もちゃんと任意加入を認めて、
その趣旨に賛同する人に入会してもらって活動できたらなぁと思う。
しかし、団体の数の多さはなんとかすべきなんじゃないかな。
建増し、建増しで、これもPTAと似た構造ですね(⌒-⌒; )



にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ

「助成金」に操られるorz 

いつも私がぶつくさ言っているのは、小学校PTAのことだが、
PTAは親が会員なのに、子を主軸として入会させられるので、
(入会したくなくても自動的に)
私は、中学校PTAにも入会している。
さらに、子ども会も今は、小学部と中学部とあり、
うちの校区はやっぱり自動的に入会させられる。
これで、もう4つも町内のボランティア団体に所属していることになる。


意思を問わないのがこの町のルールで、
全員で漏れがないように気をつける有様だ。
転居されてきたところにお子さんがいれば、
もう、入会のお誘いではなく、連絡網に入れる手配だ。
他の地域の人から見れば、とんだ常識はずれだが、
これが、この地区の常識のようだ。


町内会にも、もちろん自動的に入会させられる。
町内会に入会している意識はあまりなかったが、
家賃に含まれることは知っていた。
それについて、目くじらを立てるほどのことでもない。
ただあまり意識していなかった。
子ども会の当番がいろいろくるので、町内会の会員というよりも、
子ども会の会員という意識しかなかっただけだ。
当番だけやっている分にはそんなくらいの意識しかない。


ところが、一旦、PTAでも子ども会でも、
何か役職を引き受けると、突然ニョキッと町内会が顔を出す。
町内会の集まりや行事が役割に入ってくる。
勝手に、地域の団体に所属させられたりする。


うちの町内は、子ども会費を個人に求めなくて、
町内会から助成金として出してくれている。
まあ、元を辿れば、町内会費として納めているわけなんだが。。。
誰が考えたか、取りこぼししないすごいシステムだなぁと思う。
そして、子ども会へは、
公園掃除をしたり、有価物回収をしたりすることで、
市から助成金が出ると言っている。
だから子ども会は、市から助成金が出るから、
公園掃除や有価物回収をしなければと思っている。
これを市に話すと、
「いえいえ、町内会から助成金が出てるんですよ」
と言われる。


だけど、、、
町内会費の源は住民が出しているし、
市の予算の源も、市民からの税金じゃないの?


町内の偉い人たちは、
「助成金」と言うと子ども会がよく働くと思っている。
こんな風に好きに使われるくらいなら、
子ども会は自分たちで会費を集めて、
独立決済でやっていく方がいいんじゃないの?
有価物回収も、公園掃除も、やりたくないわけではなくて、
いいように言いくるめられて、使われているだけなのが腹がたつ。


助成金とやらに操られて「全員加入」
仕事が多いから、人手確保の「全員加入」
行事も多いから、人手確保の「全員加入」


助成金はいらない。自分たちで事業整理が出来るようになりたい。



にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ




町内会総会でナニコレ!?(・_・;? 

役目なので、町内会総会に行ってきた。
我が家は家賃に町内会費が含まれるため、
町会費が一体いくらなのかを意識していない。
よって、その額を私は知らない(^^;;
子ども会育成会は自動入会という名の下の強制入会である。


某町内会では、『歳末助け合い運動』への募金を、
町内会費同様に集金してまわるという。
私も、以前住んだところでその役目をした事がある。
まさかこの地域はそんなことはしていないと思っていたら、
どうやらちゃっかり町会費に含まれていたようだ。
総会に行ってみて初めて知ったorz
この役目をしない限り、町内会総会の資料も届かないので、
自分が町内会の一員とも意識しない人も、少なくないだろう。


このごろ、
知らず知らずに何かしらを支払ったり、
何かしらの団体に所属させられたりと、
そういう事が多いので、『またか(-。-;』という感じだ。


この辺り、
学校も近くて安全で暮らしやすい
と、最近、人気らしいが、
私的には、とても暮らしにくいと感じている。
近所付き合いが少ないくせに、勝手に町内会に入れ、強制ボランティアが多い。
全て、意思を問われさえすれば賛同できないものではないが、
意思を問われないうえに負担する事が大きい。
同調圧力が強く、「やらなければならない」でやらされている事が多い。
私は、子どもの学校関係に目処がついたら、絶対に引っ越すと誓った。


特に驚いたのは、町内会からの慶弔費についてだった。
この頃は、子どもが生まれても誰かが亡くなっても、
町内会へ情報があがらないので、「慶弔費の支払いが遅れてしまう」そうだ。
意思を問わないで町内会に入会させているし、入会している気もない人も多いだろう。
そして、自動的に強制入会させるだけで、何か役目でもして総会に出ない限り、
町内会の規約も見ることはないというのに。。。お粗末な話だ。
ましてや町内会は役所ではない。
だから、町内会にそんな届けをする筋合いはないのである。
「皆さん、気づいたら、ぜひ町内会へ情報をあげてください。」
と言われても、そんな他人のナイーブで個人的な情報を、
わざわざ町内会に伝えるなんて、私はしない。


子どもが生まれれば、当然役所に届ける。
家族が亡くなれば、当然役所に届ける。
当たり前の手続きとして届け、処理される行政上のあれこれを、
町内会がきっちり把握しておかなくてもいいのではないか。
もしもその必要性があるならば(確かに必要性はあるかもしれないが)、
それなら行政に届けられた時点で、町内会に情報が入る仕組みがあるべきではないか。
しかし、町内会が任意団体である以上、これはまず、あり得ない事である。


要するに、町内会(自治会)は「行政ではない」という自覚が足りない。
商店会や、協同組合のようなもので、入会しない人が居るのが自然なことで、
住民全ての生き死にまで把握しようとすること自体が不自然と思った。


私は、人がそれぞれで生き、死んでいくものだと言っているのではない。
町会長が「向こう三軒両隣」という言葉を、使っていらっしゃったが、
それこそが大事なだけで、全てを町内会で把握し、
管理しようとするのは無茶な話だと言いたいのである。


私には、
自治会も、PTAと同じで、
無理やり委員会を作り、「やらなければならない」で誰かに役目を当て込み、
形骸的な活動をさせ、その団体を維持し、
それらを寄せ集めて町内会としているだけに見えた。
ただひたすら「町内会」という形を、
遮二無二維持させる事に力を注いでいるだけのように見えた。


おそらく、それぞれに内部では、子ども会やPTAと同様に、
引き継ぐ相手がいないで、押し付け合いがあったり、
誰かが何役も兼任するなどのバランスの悪さが生じているだろう。
実際、町会長ともなれば何役も兼任されているのだから。


そういう形で総会をし、それを町全員の総意としてしまう。
町会長さんは一生懸命されている分だけ余計に、
なんとも虚しいような切ないような気持ちになって帰ってきた。


いざという時に、確かにコミュニティのつながりは大切だと思う。
しかし、平常時、このような活動で人々を疲れさせて、
ましてや役の押し付け合いで人間関係に亀裂が生じていては、
それも逆効果ではないだろうか。


PTAも、地域自治会も、何か履き違えてしまって、
自分たちで自分たちを疲弊させてしまっているようだと思った。



PTAの引継ぎの事もきになるのですが、
とりあえず、町内会で見聞きしたナニコレ!?(・_・;?でした。
応援のポチは、ほんと励みになります^_^
👇
にほんブログ村 PTA活動
にほんブログ村 教育ブログ PTA活動へ




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。